SDカードを利用した『ドリームキャスト』のソフト吸い出し方【腐る前にバックアップ!】

SDカードを利用したドリームキャストのソフト吸い出し

GD-ROM特殊なフォーマットを採用しているということもあり、『ドリームキャスト』のソフトの吸い出しには実機が必要になります。しかし、これにはやや癖があり、全ての 『ドリームキャスト』 に対応しているわけではありません。MIL-CDと呼ばれる規格のCDの脆弱性を利用したものであるため、そちらに対応した機種に限られます。

そちらについては、下記の記事を参考にしてみてください。

具体的なソフトの吸い出し方法には、「ブロードバンドアダプター」を利用したものと、特殊なSDカードアダプターを利用した2種類があります。前者はプレ値が付いているものもありますが、オークションでは比較的安い物も見かけました。

後者はアマゾンで1000円台~3000円台あたりで販売されています。今回はこのSDカードを使用した方法をご紹介していきます。ちなみに、最初に注文した物は1000円台とかなり安かった物の、中国から送られてくるため4月上旬になってしまう可能性があるということで、すぐに付く方を後で追加で購入しました。

それがこちらの『DC用バックアップツール SDカードアダプター [SRPJ2111]』です。2020年3月15日時点の価格は、3852円。

SDカードを利用したドリームキャストのソフト吸い出し方
▲青いスケルトンのほうが、『DC用バックアップツール SDカードアダプター [SRPJ2111]』。ついでに32GBのSDカードも安かったので購入。
SDカードを利用したドリームキャストのソフト吸い出し方
▲キャップを外すと、片側が『ドリームキャスト』本体のシリアルポートに、もう片側にSDカードが挿せるようになっています。

Dreamcast SD Rip ver1.1から.cdiファイルを作成する

最初にやらなければいけないのが、リッピング用のツールであるディスクを作るために、下記のサイトから「Dreamcast SD Rip ver1.1」をダウンロードして解凍しておきます(dcsdrip11というフォルダが現れる)。

●Dreamcast Serial Port & FT232BM

次に、「BootDreams」というツールをダウンロードして解凍します。「BootDreams」を起動すると、下記のような画面が出るので、「Browse」をクリックして先ほどの「dcsdrip11」を選択。「Disc format」のところを「Data/Data」にして「Process」をクリックしましょう。こちらで「dcsdrip11.cdi」というファイルを作るのですが、わかりやすいようにデスクトップに保存しておきましょう。

SDカードを利用したドリームキャストのソフト吸い出し方

次に、「DiscJuggler Demo Edition」をダウンロードしてインストールします。特に登録などもせずに、デフォルトのままでインストールしていけばOKです。インストールが完了したら、『DiscJuggler』を起動しましょう。デモ版などで数秒待たされますが、下記のようなメニューが表示されます。

この中から、「Brun disc images」を選んで、OKをクリックします。

SDカードを利用したドリームキャストのソフト吸い出し方

「Source & Destination」のタブで、Sourceに先ほど作成した 「dcsdrip11.cdi」 を選択(ドラッグ&ドロップでもOK)。次に「Advenced」のタブでModeを「Mode 2」、Blockを「2352」、Miscのところの「RAW write」にチェックを入れておきます。あとは「Start」を押せばOKです。

SDカードを利用したドリームキャストのソフト吸い出し方

Windows10の64bitなどでは、 『DiscJuggler』が上記の方法ではうまくいかないことがあります。その場合は、こちらから『ImgBurn』というライティングソフトをダウンロードしてインストールしましょう。こちらでライティングするときは、ベリファイのチェックは外しておきます。

ちなみに最新バージョンはアドウェアが入っていることから、ウイルス判定されて上手く動作しないことがあります。その場合は古いバージョンを入手して試してみましょう。

とりあえず出来上がったCDを『ドリームキャスト』本体にセットして、下記の画面が出てきたら成功です。

SDカードを利用したドリームキャストのソフト吸い出し方
SDカードを利用したドリームキャストのソフト吸い出し方

実機で吸い出し開始

先ほど起動した『Dreamcast SD Rip ver1.1』のメニューから、必要に応じて使えるように「BIOS ROM」と「FLASH MEMORY」を選んで吸い出しておきます。

SDカードを利用したドリームキャストのソフト吸い出し方

続いてゲームの吸い出しですが、こちらはメニューから「GD-ROM all track」または「GD-ROM all track」のどちらか好きな方を選んでOKです。いずれか選択後、ディスクをゲームに入れ替えてボタンを押すとリッピングが開始されます。

吸い出しに掛かる時間は、1枚あたりおおよそ30~40分ほどです。

SDカードを利用したドリームキャストのソフト吸い出し方
SDカードを利用したドリームキャストのソフト吸い出し方
▲アクセス中はSDカードが光ります。

完了したら、ディスクを取り出しましょう。何かボタンを押すと再びメニューが表示されます。

SDカードを利用したドリームキャストのソフト吸い出し方
▲吸い出し完了!
SDカードを利用したドリームキャストのソフト吸い出し方
▲こちらが吸い出したゲームのファイル。
SDカードを利用したドリームキャストのソフト吸い出し方
▲ボタンを押すと、再びメニューが表示されます。

この状態でSDカードの中身をいったんクリアしておき、新たなゲームディスクを入れてボタンを押すことで、再びリッピングがスタートします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。