【ファミコンの裏技】エレベーターアクション

【ファミコンの裏技】エレベーターアクション

1983年にタイトーからアーケードでリリースされた、アクションゲームの移植版。ゲームの目的は、スパイになって敵のアジトに潜り込み機密文章を盗んで脱出するというもの。

ビルの屋上から侵入し、エレベーターや階段などを利用して下の階に降りていきます。途中にある赤い扉の中に入ると機密文章を盗むことが出来ます。ドアからは敵がやってくるので、銃で応戦しながら攻撃をかわしていきましょう。

【ファミコンの裏技】エレベーターアクション
【ファミコンの裏技】エレベーターアクション

電灯を弾丸で撃ち抜くとマップ全体が暗闇になったり、エレベーターのかごの上に乗って移動するといった自由さも魅力でした。無事書類を盗んで1回に到着するとステージクリア。残機がすべてなくなってしまうとゲームオーバーです。

【ファミコンの裏技】エレベーターアクション
【ファミコンの裏技】エレベーターアクション

ゲームそのものの雰囲気もさることながら、音楽がなんともいい味を出しています。いかにもといったレトロゲームが遊びたいときは、まずこちらの1本を選択してみるのもいいのではないでしょうか?

13Fから18Fにワープ

13F左端のエレベーターに乗り込んですぐにジャンプをし、エレベーターが動く瞬間にAボタンを押すことで18Fにワープすることができます。

2コン連打で弾丸がマトリックス風に?

ふたり用モードでスタートし、2プレイヤーが操作するときにコントローラーII側の上キーを押しながらBボタンの連打で、弾丸がマトリックス風に。

text.レトロゲームライター 高島おしゃむ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。