【ファミコンの裏技】ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境

バンダイより1986年4月17日に発売された、横スクロールアクションゲームの『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境』。人気アニメが題材になっているということもあり、緩い印象もある作品ですがが、中味はかなり骨太。油断するとすぐ下に落下して死んでしまうなど、プレイヤーの鍛錬が要求される作品です。

こちらでは、本作の裏技をご紹介していきます!

鬼太郎が残機が減らない

こちらの裏技は、本体とゲーム機の他、拡張用のゲームパッドが必要になります。タイトル画面で以下の順番でコマンドを入力していきましょう。

①コントローラIの左とBボタンを押したままリセット
② コントローラIの右とBボタンを押したままリセット
③コントローラIの左上とBボタン+拡張パッドの下を押したままリセット
④ コントローラIの下とBボタンを押したままリセット
⑤ コントローラIの右とBボタンを押したままリセット
⑥ コントローラIの右上とBボタンを押したままリセット
⑦スタートボタンを押してゲームを開始

無事成功すると、鬼太郎が落ちても残機が減らなくなります。

残機が250以上になるとゲームオーバー

ファミコン時代のゲームではよくあることですが、本作でも鬼太郎の残機をゲーム中に増やしていくことができ、その残機が250を超えるとオーバーフローになってゲームオーバーになってしまいます。

がっつりプレイしようと残機を増やしているときは注意しましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。