【キジデミタ】任天堂に裏切られた後もファミ通に予想され続けたソニーのスーファミ版『プレイステーション』

【キジデミタ】任天堂に裏切られた後もファミ通に予想され続けたソニーのスーファミ版『プレイステーション』

元々ソニー側からの提案で開発が進められていた、スーパーファミコン用のCD-ROMアダプター。『プレイステーション』というコードネームで1991年6月1日にシカゴで行われたイベントCESで試作品が披露されましたが、その翌日に任天堂はフィリップスとの提携を発表。ソニーを袖に振った形となりました。

『スーパーファミコンCD-ROMアダプタ』と名付けられた任天堂の周辺機器は、その後発売が中止されましたが、その間メディアでは様々な予想図が発表されていました。

今回ご紹介するのは、任天堂とフィリップスの提携が発表され、ソニーの任天堂プレイステーションの存在がどうなるかわからないといった時期に、ファミ通に掲載されていた予想図です。

まずはこちら。ファミ通159号に掲載された予想図で、なんだか全体的かなりカラフルなものとなっています。

【キジデミタ】任天堂に裏切られた後もファミ通に予想され続けたソニーのスーファミ版『プレイステーション』

続いて、ファミ通167号に掲載されたものがこちら。以前の試作機と比較して、ソニーらしいオーディオライクな見た目として予想図が公開されていました。

【キジデミタ】任天堂に裏切られた後もファミ通に予想され続けたソニーのスーファミ版『プレイステーション』

ファミ通170号でも予想図が公開されていましたが、こちらも同様にオーディオライクな見た目が踏襲されていました。

【キジデミタ】任天堂に裏切られた後もファミ通に予想され続けたソニーのスーファミ版『プレイステーション』

はたしてソニーが任天堂向けにプレイステーションを発売していたらどうなっていたのか、というのも気になるところですが、なかなか興味深いですね。


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。