レトロゲーム遊び放題アプリ『PicoPico』に『メルヘンヴェール』(MSX版)が2021年11月17日より追加

レトロゲーム遊び放題アプリ『PicoPico』に『メルヘンヴェール』(MSX版)が2021年11月17日より追加

D4エンタープライズは、同社が提供するレトロゲーム遊び放題のアプリ『PicoPico』において、2021年11月17日(水)に『メルヘンヴェール』(MSX版)を追加しました。11月23日(火)24:00までの体験プレイも可能です。

(以下、プレスリリースより)

レトロゲーム遊び放題アプリ『PicoPico』に『メルヘンヴェール』(MSX版)が2021年11月17日より追加

フェリクスの森の国の王は、 愛する娘、 王女の花婿としてふさわしい若者を見つけ出そうと、 フェリクス中におふれを出しました、 それを見て集まった多くの若者にさまざまな試練が与えられますが、 最後に2人が残ります、 1人は、 フェリクスの湖の国の王子、 もう1人は美しい若者に姿を変えた魔法使いでした、 王女は、 湖の国の王子に心を奪われ、 2人は愛を誓い合います、 しかし、 それを知った魔法使いは、 自分が王子になりすまして王女を我が物にしようと企てます。 そして…魔法使いの呪いによって、 王子はフェリクスのはるか彼方、 世界の果てへと飛ばされてしまいます。

レトロゲーム遊び放題アプリ『PicoPico』に『メルヘンヴェール』(MSX版)が2021年11月17日より追加

本作は1985年にリリースされたアクションRPG。 プレイヤーは世界の果てへと飛ばされてしまったばかりか、 その姿を怪物にされてしまったしまった湖の王子となって、 愛する姫が待つフェリクスへと旅を続けることになります。

レトロゲーム遊び放題アプリ『PicoPico』に『メルヘンヴェール』(MSX版)が2021年11月17日より追加

ゲームはトップビューのステージ制となっており、 各地でモンスターと戦いながら話を進めることになります。 王子の武器は剣から放つ魔力のみ。 これを駆使して敵を倒して行きましょう。 ちなみに、 魔力は前方のみに発射できるので、 攻撃時は位置をよく考えて使いましょう。 冒険中に新しい剣を入手することでより強力な魔力を発射できるようになります。 それから崖に落ちそうになった場合は、 すばやくキーを連打することで復活できます。 ボーッとしていると落下してしまうので注意!

レトロゲーム遊び放題アプリ『PicoPico』に『メルヘンヴェール』(MSX版)が2021年11月17日より追加

そして、 ステージごとに設定された目的を達成するとビジュアルシーンに移行します。 ビジュアルシーンでは、 ゲームのヒントになるよう情報や、 ゲームを深く理解するためのストーリーが語られます。 マニュアルにも書かれていますが、 実は本作ではビジュアルシーンこそが重要で、 通常のゲームはビジュアルシーンとビジュアルシーンをつなぐためのものといっても過言ではないとのこと。 ゲームに詰まったらビジュアルシーンの内容を思い出してみるといいかもしれません。

レトロゲーム遊び放題アプリ『PicoPico』に『メルヘンヴェール』(MSX版)が2021年11月17日より追加

可愛いキャラクターではあるものの、 その中身の難度は少々高め。 魅せるシナリオとして話題になった本作、 あなたも、 ちょっと洒落たおとぎ話の世界を体験してみませんか。

ちなみに、 MSX版は敵の移動速度が早いことから、 同タイトルの中では最も難しいといわれていますが、 それを考慮しているのか体力回復のフルーツや、 死後に天国にいける聖書は無限で獲得できる仕様となっています。 またシーン6には攻撃すると花に変身するモンスターがいますが、 花を出し続けるとゲームが終了する凶悪なトラップが発動することがあるのでご注意を……。

レトロゲーム遊び放題アプリ『PicoPico』に『メルヘンヴェール』(MSX版)が2021年11月17日より追加

ジャンル: アクションRPG
権利表記:
(C)D4Enterprise Co.,Ltd. / (C)ProjectEGG
(C)1983 MSX Licensing Corporation.
MSX is a registered trademark of MSX Licensing Corporation.

※今後も随時アップデートやタイトルの追加を行っていく予定です。

商品情報

商品名:PicoPico
公式サイト: https://www.pico2.net/
公式Twitterアカウント: https://twitter.com/pico2egg
Copyright 2018-2021 D4Enterprise Co.,Ltd.


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。