『RetroUSB AVS』のファームウェアがv1.50b1にアップデート。カラーパレットが一部変更に

『RetroUSB AVS』のファームウェアがv1.50b1にアップデート。カラーパレットが一部変更に

RetroUSBは、同社のFPGAファミコン互換機である『RetroUSB AVS』のファームウェアをv1.50b1にアップデートしました。今回のアップデートにより、カラーパレットの一部が変更されたようです。

以前まではOriginalとUnsat V6、YUV v3、FCEUXとなっていましたが、OriginalとFCEUXはそのまま残り、残りの2つがSmoothとCustomに変更されています。

NTSCのコンポジット出力は、テレビの設定に依存して異なる色になっている可能性が高いため、必ずしもどの色が正解というものがありません。そこで、自分の目で見て納得のいくものを選ぶようにするといいでしょう。

●最新ファームウェアのダウンロード場所
https://retrousb.com/downloads/

『RetroUSB AVS』のファームウェアがv1.50b1にアップデート。カラーパレットが一部変更に
▲以前までのカラーパレット。
『RetroUSB AVS』のファームウェアがv1.50b1にアップデート。カラーパレットが一部変更に
『RetroUSB AVS』のファームウェアがv1.50b1にアップデート。カラーパレットが一部変更に
▲v1.50b1のカラーパレット。

via.RetroRGB


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。