RetroArch 1.10.0がリリース!

RetroArch 1.10.0がリリース!

多数のエミュレーターを起動できるラウンチャーソフト『RetroArch』の最新バージョンである1.10.0がリリースされました。

今回のアップデートではVulkanのHDRサポートが追加され、Windowsでの動作も確認済とのこと。また、スラングシェーダーのHDRサポートも追加されています。さらに、ネットプレイも多くの改善が追加されています。uPnPサポートは完全にオーバーホールされ、miniupnpcに依存することははくなりました。

これにより、リレーサーバーが完全に機能するようになります。シンガポールには、東南アジアと国境を接する国のユーザーを支援するための新しいリレーサーバーが追加されています。

●ダウンロードはこちら
https://retroarch.com/?page=platforms

新機能の概要

  • Netplayの機能:テキストチャット、ホストpingリミッター、クライアントpingカウンター
  • Netplayリレー:新しいリレーシステムが機能するようになりました
  • Netplayリレー:カナダのサーバーはアジアのサーバーに置き換えられました
  • Netplayリレー:カスタムリレーサーバーのサポート
  • Netplayホスティング:ロビーサーバーにアナウンスするときに部屋がインターネットから接続できない場合、警告が表示されます
  • Netplayの修正:多くのnetplayの修正と改善
  • ロビービューア(インターネット):RetroArchのネットワークと互換性のない部屋を除外します
  • ロビービューア(インターネット):接続できない部屋に接続できないタグを表示します
  • ロビービューア(LAN):LANルームに独自の更新ボタンが追加され、インターネットルームと混ざり合うことがなくなりました
RetroArch 1.10.0がリリース!

XMBメニューに、元のXMBと非常によく似た、画面の端に近いメニュー項目を非表示にする新しい(オプションの)効果が追加されました。画面上のより多くのアイテムをフェードアウトさせたい場合は、フェード効果を好みに合わせて調整できます。新しい設定は「垂直フェードファクター」と呼ばれ、[設定]-> [ユーザーインターフェイス]-> [外観]にあります。

Direct3D10および11ドライバーにVSyncスワップ間隔が追加されました。以前は、スワップ/同期間隔はVSyncに基づいてオン/オフに過ぎず、既存のオプションは使用されていませんでした。

Xboxユーザー向けのユーザーアドバイス

明らかに、人々がUSBドライブで経験しているいくつかの問題があります。

潜在的な問題を解決するには、次の手順に従うことをお勧めします。
*ドライブをWindowsPCに接続します
*ファイルエクスプローラーに移動します
* NTFSドライブを右クリックします*次の手順を実行します:[
プロパティ]-> [セキュリティ]-> [詳細設定]-> [追加]-> [プリンシパルの選択] -> [詳細設定]-> [今すぐ検索]> [すべてのアプリパッケージ]> [OK]> [フルコントロール]にチェックマーク> [OK]> [継承を有効にする]。

変更ログ 1.10.0

  • 3DS:Jaxe、A5200、WASM4コアを追加
  • 3DS:回転を修正
  • アーカイブ:アーカイブサブディレクトリからのファイルの読み込みを許可する
  • オーディオ:オーディオバッチコールバックからフレーム制限を削除します。以前は、コアがオーディオバッチコールバックを使用した場合、送信できるオーディオフレームの数に1024の隠しキャップがありました。コアがこの値を超えた場合、余分なサンプルは黙って破棄されました。これは「通常の」サンプルレート/フレームレートには十分ですが、たとえば、バッチコールバックを使用して44100Hzのオーディオを30fpsで送信するコアでは、サウンドが完全に壊れてしまうことを意味します。これは、オーディオバッチフレームの制限を削除することで修正されました
  • AUDIO / RESAMPLER / NEON:sinc kaiserNEON関数を実装します
  • CHEEVOS:ハードコアのデフォルトを有効にリセットします。ハードコアで状態を読み込もうとしたときにメッセージを表示する
  • CHEEVOS:メモリマップ変換を修正
  • CHEEVOS:実績のロックを解除するときにネットプレイのステータスを確認する
  • CHEEVOS:バッファリングされたNDSROMのハッシュのサポート
  • CHEEVOS:バッジが存在しないときにハングしたタスクを修正
  • CLI:コマンドラインまたはプレイリストから保存状態をロードします
  • コア情報のキャッシュ/設定:不足している「コア情報ファイルのキャッシュ」メニューエントリを復元します
  • データベース:Gamecube / MegaCD / SegaCD / Saturn / PSX / PSP / Dreamcast / Wiiのシリアルスキャン
  • D3D10 / D3D11:Vsyncスワップ間隔を追加
  • EMSCRIPTEN:Jaxe、WASM4コアを追加
  • ファイルIO:コンテンツパスに前にスラッシュがない場合のリマップファイルの誤ったファイル名を修正
  • 入力/オーバーレイ:メニューの前ではなく後ろにオーバーレイを表示するためのサポートが追加されました。これは現在、GL、Vulkan、D3D9 / 10/11/12および3DSドライバーでのみサポートされています
  • INPUT / UDEV:absマウスを画面からビューポート座標に変換します。相対的なマウス座標を修正
  • INPUT / WAYLAND:ウィンドウ装飾でのマウスクリックを無視します
  • INPUT / WAYLAND:スクロールホイールのサポートを追加
  • LINUX:Linux GameMode(https://github.com/FeralInteractive/gamemode)のサポートが追加されました。これは、電源管理または遅延設定メニューでオン/オフを切り替えることができます
  • ローカリゼーション:Crowdinから翻訳を取得します
  • ローカリゼーション:インドネシア語、スウェーデン語、ウクライナ語のオプションを追加
  • ローカリゼーション/メニュー/ RGUI:RGUIのインドネシア語とスウェーデン語のローカリゼーションを有効にします
  • ロギング:ロギングのクリーンアップ
  • ロギング:終了時にFPS統計のロギングを2回停止します
  • ロギング:フォントレンダリングバックエンドを1回だけログに記録します
  • ホットキー:画面上の技術統計用のホットキートグルを追加しました
  • ホットキー:ボリュームホットキーに遅延+加速を追加します
  • MENU:メニューにのみ通知を表示するオプションを追加
  • MENU / RGUI:サポートされている言語にフィンランド語を追加
  • MENU / XMB:オプションの垂直リストアイテムのフェード
  • MENU/ XMB /オゾン:カテゴリ+履歴/お気に入りアイコン
  • ネットワーク:ダミー通知を修正–ネットプレイが有効になっていない場合、ネットプレイの初期化に失敗した通知が表示されなくなりました
  • ネットワーク:UPnP専用のLANアドレス–一部のルーターデバイスは、エラーを発生させることなく非LANアドレスを受け入れる場合があります
  • ネットワーク:接続できない部屋を除外します。接続できないネットプレイルームを除外するオプションを追加します
  • ネットワーク:Netplay観客の通知の修正。ホストが観客に切り替わったときの二重通知を修正しました
  • ネットワーク:クライアントからの長期の一時停止を防止し、一時停止を許可します
  • ネットワーク/ロビー:ロビービューア:RetroArchを実行していない部屋を除外します
  • ネットワーク/ロビー:ロビービューア:接続できない部屋に接続できないタグを表示します
  • ネットワーク/ロビー:ホスト:インターネットにアナウンスしているが、そこから部屋に接続できない場合は警告を表示します
  • ネットワーク/リレー:カスタムリレーサーバーのサポート–ユーザーが実行するカスタムリレーサーバーのサポートを追加します
  • ネットワーク/リレー:カナダのリレーサーバーをシンガポールのリレーサーバーに置き換えます。現在のリレー:ニューヨーク/アメリカ、マドリッド/スペイン、サンパウロ/ブラジル、シンガポール
  • ネットワーク/ UPNP:さまざまなリファクタリング/改善、miniupnpcに依存しなくなりました
  • ネットワーク/ UPNP:特定のルーターのさまざまなUPnPバインディングの修正
  • ネットワーク/ UPNP:IGDv2サービスタイプを受け入れる
  • ネットワーク/ UPNP:ロビーサーバーのアナウンスを遅らせる– UPnPのポート転送により多くの時間を与えるために、アナウンスを遅らせます。残りの切り捨て警告を修正します
  • ネットワーク/ UPNP:スマートインターフェイスの選択–インターフェイスのアドレスがデバイスのアドレスにどれだけ近いかをスコアリングして、UPnPに最適なアドレスを見つけます
  • OPENGL1:バッファオーバーフローを修正– GL1ドライバを使用してアセットテクスチャをロードすると、起動時にRetroArchがクラッシュすることがありました
  • PS3:PSL1GHTポートがGitlabCIに追加されました
  • VULKAN:ダブルコンバインドイメージサンプラー記述子プールサイズ–RADVを使用したAMDGPUでのsegfaultsの修正
  • VULKAN:Vsyncが有効になっている場合にのみメールボックスをエミュレートします-それ以外の場合は無効にします-VRR / G-Sync / FreeSyncに役立ちます
  • VULKAN / SWAPCHAIN:Vulkan maxスワップチェーンイメージオプションの調整:使用されないため、値1を削除–変更時にビデオを再開するため、再起動したり、フルスクリーンを切り替えたりする必要はありません
  • VULKAN / HDR:HDRサポート–Windowsでテスト済み
  • WAYLAND:クライアントサイドデコレーション用のlibdecorを追加
  • WAYLAND:初期メトリックには任意の表示を使用します
  • WAYLAND:RetroArchがlibdecorなしでビルドされている場合、ウィンドウが閉じるのを修正
  • WAYLAND:EGLサイズ変更でチェックされたサイズを使用する
  • WAYLAND:ウィンドウタイトルの更新を修正
  • WEBOS:webOSのビルドと実行を修正
  • WIIU:回転を修正
  • UWP / Xbox:4GB(約)を超えるコンテンツの読み込みに失敗する問題を修正し、コピー/読み込み時間を改善/高速化
  • UWP / Xbox:プレイリストのスキャンを修正
  • UWP / Xbox:LocalStateにコピーされたコンテンツを専用のディレクトリに移動し、起動時にクリアします
  • UWP / Xbox:コンテンツのコピー時に、LocalStateフォルダー内の特定のキャッシュディレクトリにコンテンツをコピーします
  • UWP / Xbox:起動時にVFSキャッシュディレクトリを自動削除
  • UWP / Xbox:解像度の切り替えを自動化し、角度出力の問題を修正
  • UWP / Xbox:出力は画面サイズに関係なく1080pであるため、ANGLEを画面サイズに関係なく1080pでレンダリングするように強制します。これにより、4kで任意の角度の出力がコーナーにズームインされる問題が修正されます
  • UWP / Xbox:ディスプレイの解像度に基づいて解像度を設定します(自動4k)
  • UWP / Xbox:openglで起動する場合は、ドライバーをD3D11に設定します
  • UWP / Xbox:表示に一致するようにブート時の出力の幅と高さをリセットします
  • UWP / Xbox:NTFSドライブ上のVFSコアの必要性を軽減します
  • UWP / Xbox:パス文字列に基づいて想定するだけでなく、アクセスによって標準I / Oを確認します
  • UWP / Xbox:自動アクセス許可にコードを追加して、VFS以外のコアからファイルにアクセスできるようにします(exFATまたはFAT32はまだサポートされていません)

via.LibRETRO


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。