1chipMSXの移植版? 『MiSTer』のMSXコアをチェック

1chipMSXの移植版? 『MiSTer』のMSXコアをチェック

FPGAベースのオープンソースプロジェクト『MiSTer』ですが、とりあえずめぼしい家庭用ゲーム機のコアはチェックしたので、いよいよ他のカテゴリーもチェックしていくことにしました。そこでまず取り上げるのが、ホビーパソコンとして根強い人気を誇るMSXです。

どうやら『MiSTer』のMSXコアは、1chipMSXのものを移植したものようで、若干他のコアに比べてセットアップに癖がある印象でした。ちなみに、特徴は以下の通りになります。

『MiSTer』MSXコアの特徴

  • MSX / MSX2 / MASX2+ / MSX3に対応
  • サウンドYM2149(PSG)、YM2419(OPLL)、SCCに対応
  • 仮想カートリッジによるさまざまなサウンドとメモリの拡張
  • CPUのターボモード
  • マウス
  • ジョイスティック
  • リアルタイムクロック
  • VHDイメージのHDD
  • SDカードは、<4GB(SDSC)および> 4GB(SDHC / SDXC)をサポート
  • I / Oボードv5.xにセカンダリSDカードは不要。SDSCカードとSDHCカードの両方をサポートします。
1chipMSXの移植版? 『MiSTer』のMSXコアをチェック

ゲームの呼び出しは直接行えず。コアのメニューから呼び出せるのが「VHDイメージ」と呼ばれるものです。これがちょっとややこしいんですよね・・・・・・!? VHDというと、ビデオ規格のほうかと思ってしまいがちですが、こちらはいわゆる仮想ディスクです。sdcreate utilというツールを使ってSDカードをフォーマットしてファイルをコピーしていきます。こちらで作った仮想ディスクにゲームのファイルなどを入れて、boot.vhdなどのファイル名にしたものを『MiSTer』のコアに入れていくといった感じです。

1chipMSXの移植版? 『MiSTer』のMSXコアをチェック

こうした仕組みになっているということもあり、どちらかというとユーザー体験としてはエミュレーターに近いものになってしまっているという意見も出ています。たしかにランチャーなども使え一見便利なのですが、ひとつひとつのゲームを起動するのにかなり時間が掛かるため、全般的にはいまひとつといった印象は拭えません。まぁ、それでもMSXのゲームをお手軽に楽しめるという意味ではいいのかも!?

1chipMSXの移植版? 『MiSTer』のMSXコアをチェック
▲『SofaRun』というDOSライクなファイルマネージャーも使用可能。

●MSX for MiSTer Board
https://github.com/MiSTer-devel/MSX_MiSTer


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。