中国企業のSipeedがTangPrimer 25Kを採用したFPGAベースの携帯ゲーム機を開発中

中国企業のSipeedがTangPrimer 25Kを採用したFPGAベースの携帯ゲーム機を開発中

中国企業のSipeedが、FPGAベースの携帯ゲーム機を開発中であると、同社のXで発表しました。正式名称はよくわかりませんが、投稿には『Pocket』の文字が見えます。

中国企業のSipeedがTangPrimer 25Kを採用したFPGAベースの携帯ゲーム機を開発中

Analogue Pocketなどに採用されているFPGAチップAltera Cyclone Vよりも安価な、TangPrimer 25Kを採用。32メガまたは64メガのSDRAMと2.0インチの液晶ディスプレイ(解像度は480×360)を搭載しているほか、MiniHDMIで外部に映像の出力も行えます。

サポートしているコアは、ファミコン、スーパーファミコン、ゲームボーイ、ゲームボーイカラー、ゲームボーイアドバンスで、本体のサイズは100×50×15ミリとかなり小型のサイズになっています。バッテリーは1500mAhで、カラーバリエーションなども検討しているようです。

中国企業のSipeedがTangPrimer 25Kを採用したFPGAベースの携帯ゲーム機を開発中
中国企業のSipeedがTangPrimer 25Kを採用したFPGAベースの携帯ゲーム機を開発中
中国企業のSipeedがTangPrimer 25Kを採用したFPGAベースの携帯ゲーム機を開発中

これまでの中華エミュ機とは異なり、エミュレーターを使わないFPGAというところが新しい流れなのかもしれません。比較的安価に入手できるTangPrimer 25Kなどの登場が、こうした流れを生み出すきっかけになったことはまちがいありませんが、いずれにせよ今後の続報にも注目していきたいですね。

via.Time Extension