Steam Deck互換性「非対応」のゲームは必ずしもゲームが遊べないというわけではない

Steam Deck互換性「非対応」のゲームは必ずしもゲームが遊べないというわけではない

Redditに、『Steam Deck(スチームデック)』の互換性に関する興味深い投稿があったのでご紹介しておきます。ご存じの方も多いように、『Steam Deck』ではゲームの互換性を表すために4つのカテゴリーに分類されています。その中には「非対応」に分類されているものもありますが、これらの多くはいくつかの調整を行うことで完全に動作するとのこと。

サポート外のゲームを『Steam Deck』でプレイしたいときは、最初に『protonDB』をチェックしてみることをおすすめします。『Steam Deck』はLinuxベースのOSを使用していますが、その上でWindowsのゲームを動かすために使われているツールが『Proton』です。

Steam Deck互換性「非対応」のゲームは必ずしもゲームが遊べないというわけではない

この『protonDB』の目的は、Linuxで『Proton』を使用してゲームをテストするときにレポートを収集し、総合スコアを提供することです。『protonDB』では、Steamで配信されているゲームにたいして、ユーザーが検証した結果や改善方法などが投稿されています。

ゲームによっては少しの調整で動かせるものもあり、その情報などもこちらで共有されていることがあります。

そのため、レーティングに関係なく自分が遊びたいタイトルがある場合は、1度チェックしてみることをオススメします。

●protonDB
https://www.protondb.com

via.Reddit