バーチャルボーイ用フラッシュカートリッジ『HyperFlash 32』の4回目の事前注文が開始。一部品高騰によりこれが最後の注文に?

バーチャルボーイ用フラッシュカートリッジ『HyperFlash 32』の4回目の事前注文が開始。一部品高騰によりこれが最後の注文に?

RetroOnyxは、バーチャルボーイ用マルチカートリッジ『HyperFlash 32』について、4回目となる事前注文を受付中です。部品の入手が難しくなってきていることと、一部の部品については価格が3倍になっていることから、これが最後の注文になるとのこと。出荷は5月~7月にかけて行われる予定です。

●『HyperFlash 32』の注文はこちら
https://www.retroonyx.com/product-page/virtual-boy1

『HyperFlash 32』は、バックアップバッテリーが不要な8k x 8 nvSRAMに加えて、32Mビットのフラッシュメモリが組み込まれたシングルROMのバーチャルボーイ用フラッシュカートです。

一度にロードされるゲームはひとつだけで、新しいゲームをロードするときは15秒から90秒ほどの時間がかかります。デジタルラベルとローディングバーアイコンは、ユーザー自身がカスタマイズすることも可能。セーブデータ付きのSRAMコンテンツはSDカードに保存され、ROMがスワップアウトされるときにリロードされます。

SRAMファイルにアクセスして、別のHF32に転送したり、元のVBゲームカートリッジに転送したりすることもできます。

機能の概要

  • 32メガビットフラッシュメモリ
  • 8k x8または32kx 8 nvSRAM(部品の入手可能性に応じて)
  • SRAM保存ファイルの自動バックアップ(保存をサポートするゲームのみ)
  • ゲーム、ラベル、アイコンファイルを保持するためのSDカードスロット
  • ゲームごとにユーザーがカスタマイズできるe-Inkデジタルラベル
  • ゲームごとのプログラミングバー用のカスタマイズ可能なアイコン
  • 画面上で制御するための背面の静電容量式タッチボタン
  • コマンドラインインターフェイスを備えたUSB開発ポート
  • キャップによってトリガーされる触覚。タッチ入力
  • HyperFlasherを使用してユーザーファームウェアの更新が可能
  • アルミカバーカラーオプション
  • フレームカラーオプション
  • eInkディスプレイカラーオプション


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。