メガドライブ/ジェネシスをHDMI出力できるFPGAベースの改造キット『Megaswitch HD』

メガドライブ/ジェネシスをHDMI出力できるFPGAベースの改造キット『Megaswitch HD』

Stanislav Parhomovich氏は、メガドライブ/ジェネシスをHDMI出力できる改造キット『Megaswitch HD』を発表しました。こちらは、コンソールのデジタルバスを使用して高品質のデジタルビデオ出力を実現してたものです。

●『Megaswitch HD』
https://www.megaswitch.cf/megaswitch-hd

この『Megaswitch HD』は、よくあるアナログの映像信号をデジタルに変換してアップスケールするといったものとは異なり、オリジナルのチップをほとんど使用してHDMI出力ができるように再構成しています。

シングルバッファアルゴリズムを備えた内蔵FPGA『Cyclone II』スケーラにより、元の解像度を5倍の倍率である最大1080pまでアップスケーリングすることが可能。乗算係数は調整可能で、1080pに最も近い値は4.834xですが、4x~5xなども選択できます。

メガドライブ/ジェネシスをHDMI出力できるFPGAベースの改造キット『Megaswitch HD』
メガドライブ/ジェネシスをHDMI出力できるFPGAベースの改造キット『Megaswitch HD』
メガドライブ/ジェネシスをHDMI出力できるFPGAベースの改造キット『Megaswitch HD』
メガドライブ/ジェネシスをHDMI出力できるFPGAベースの改造キット『Megaswitch HD』
メガドライブ/ジェネシスをHDMI出力できるFPGAベースの改造キット『Megaswitch HD』
メガドライブ/ジェネシスをHDMI出力できるFPGAベースの改造キット『Megaswitch HD』
メガドライブ/ジェネシスをHDMI出力できるFPGAベースの改造キット『Megaswitch HD』
メガドライブ/ジェネシスをHDMI出力できるFPGAベースの改造キット『Megaswitch HD』

仕様

  • HDMIビデオ出力1920x1080p
  • アスペクト比 4:3 および 16:9 のサポート
  • バッファリング技術により、解像度を 320×224 から 256×224 に、および 240p から 480i に切り替えるときに、安定した HDMI 生成が行われます
  • 4 倍から 5 倍までの柔軟な垂直スケーリング。たとえば、スケーリング係数 4.834x では、1080p ディスプレイ上で 224 ラインすべてをレンダリングできます。これもバッファリングの使用によるものです
  • ふたつのバッファリング モード: シングル バッファーとゼロ遅延。シングル バッファ モードでは、遅延が動的に調整されます。ゼロ遅延モードでは、アルゴリズムはライン ダブラーと同様に動作し、遅延を最小限に抑えます
  • マスク。画像の周囲にある色付きのガベージ フレームをクリッピングします
  • オプションの CRAM ドット。オリジナルの VDP では、ドットを無効にすることはできません。この変更により、画像が独立して再構成されます
  • チャンネルごとに 0 ~ 255 のスペクトル全体にわたる正確な色深度のアップスケーリング
  • すべての元の USA、EUR、JAP 地域をサポートします。VDP を介して領域および解像度関連のパラメーターを表示します。地域によって HDMI 周波数が決まります。NTSC は 1080p@60、PAL は 1080p@50 です
  • ゲームパッドを備えた独立したインターフェイスOSDコントロールパネル。上+スタートボタンを長押しするとメニューが表示されます。メニューを終了します – ボタン C
  • VDP 315-5313 が使用される Sega Genesis/MD モデル 1 のすべてのリビジョンと互換性があります。これには、VA0 から VA6.5 までのリビジョンが含まれます。モデル 2 はサポートされていません
  • セガCDと互換性があります。32X からのグラフィックス レイヤの表示はサポートされていません
  • マスター システム モードはサポートされていません

via.RetroRGB