MiSTer FPGAのスーパーゲームボーイコアが登場。スーパーゲームボーイ2との速度の違いが体感できるほか「MSU-1オーディオ」にも対応

MiSTer FPGAのスーパーゲームボーイコアが登場。スーパーゲームボーイ2との速度の違いが体感できるほか「MSU-1オーディオ」にも対応

Paulbnl氏が、MiSTer FPGA用のスーパーゲームボーイコアをリリースしました。『スーパーゲームボーイ』は、元々スーパーファミコンでゲームボーイのソフトを遊べるようにしたハードウェアですが、今回のコアはその機能にしぼったもとなっています。

ユニークな点は、ゲームの実行速度を3つから選べるところ。最初に発売された『スーパーゲームボーイ』は、実機より約2.4パーセント実行速度が速くなってしまうという不具合がありましたが、『スーパーゲームボーイ2』ではそれが解消されています。今回のスーパーゲームボーイコアでは、初代『スーパーゲームボーイ』と『スーパーゲームボーイ2』に加えて、SNESオプションでゲームボーイを60.09SNESリフレッシュレートに合わせてプレイすることができます。

また、「MSU-1オーディオ」にも対応していますが、こちらを利用する場合は「MiSTer」のファイルも上書きする必要があるとのこと。

●ダウンロードはこちら
https://drive.google.com/file/d/1fJ9YhzGNYMkC-QgJsbQkLMSGIxyOiXBV/view

ちなみに、コアを利用するときはゲームのROM以外にも『スーパーゲームボーイ』または『スーパーゲームボーイ2』のBIOSが必要になります。これらは、『カートリッジリーダー』などをで吸い出すことが可能です。

via.MiSTerFPGAフォーラム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。