『ゼルダの伝説 時のオカリナ』のリバースエンジニアリングが100パーセント完成

『ゼルダの伝説 時のオカリナ』のリバースエンジニアリングが100パーセント完成

ゼルダ64リバースエンジニアリングのチームは、NINTENDO64向けに発売された『ゼルダの伝説 時のオカリナ』のリバースエンジアリングが完成したと発表しました。同チームは最新のツールを使用して、ゲーム解析可能なC言語のコードにリーバスエンジアリングするために、2年間の歳月をかけて取り組んできたそうです。

ちなみに、こちらのゲームコードは、任天堂の資産や知的財産を含まないゲームコードであるため、完全に合法とのこと。

●公式プロジェクト
https://zelda64.dev/

●VGCの記事
https://www.videogameschronicle.com/news/zelda-64-has-been-fully-decompiled-potentially-opening-the-door-for-mods-and-ports/

ちなみに、以前『スーパーマリオ64』で同様の作業を行ったときに、再コンパイルするだけでパフォーマンスが向上したとのこと。ただし、現在のゲームコードは完全に逆コンパイルされているものの、ドキュメントの作成やコードと定義名の変更と再編成、アセット処理のサポートなど多くの作業が残っているそうです。

via.RetroRGB


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。