PlayStation1用『MemCardPRO』のマニュアルを勝手に翻訳

PlayStation1用『MemCardPRO』のマニュアルを勝手に翻訳

●MemCardPRO製品ページ
https://8bitmods.com/memcard-pro-for-playstation-1/

●マニュアル
https://qrcgcustomers.s3-eu-west-1.amazonaws.com/account12023464/13233956_1.pdf?0.18854555018716757

●ファームウェアの更新
https://install.appcenter.ms/orgs/beta-ucu9/apps/memcardpro/distribution_groups/public

■イントロダクション

MemCard PROは、プレイステーション・コンソール用のオリジナル・メモリーカードを現代的に再実装したものです。

FPGA技術とデュアルコア240MHzマイクロコントローラを使用することにより、ゲーム機のメモリーカードスロットにmicroSDカードインターフェースを介して大容量ストレージを提供することができます。これにより、ゲーム用の仮想メモリーカード(VMC)を大量に作成することができます。

さらに、ローカルワイヤレスネットワークへの接続や、直感的なWebUI(ウェブ・ユーザー・インターフェース)による機能追加も可能です。

さらに、光学ドライブエミュレータなどの他のデバイスや周辺機器がカードと通信するための独自のコマンドセットを実装しており、カードの切り替えやゲームの検出を自動化することができます。

MemCard PROがあれば、メモリーカードの山や、ゲームの最も重要な瞬間にストレージの容量が足りなくなることはありません。

■イニシャルセットアップ

MemCard PROを使用するには、フォーマットされたmicroSDカードが必要です。Class 4以上のmicroSDカードであれば、1GBから2TBまで対応しています。1ギガバイトの記憶容量は、約8,000個のVMCに相当し、各VMCは15ブロックの記憶容量を持ちます。

microSDカードを用意するには、コンピューターとmicroSDカードリーダー(またはmicroSD-SDカードアダプター付きのフルサイズSDカードリーダー)が必要です。

SDカード協会から公式ソフト「SDカードフォーマッター」をダウンロード https://www.sdcard.org/downloads/formatter/

フォーマッターを起動し、SDカードを選択します。「クイックフォーマット」を選択し、必要に応じて「ボリュームラベル」を付け「フォーマット」ボタンを押します。

また、MemCard PROの最新のファームウェアとオペレーティング・システムが必要です。次のリンクからファイルをダウンロードすることができます:
https://install.appcenter.ms/orgs/beta-ucu9/apps/memcardpro/distribution_groups/public

ファイルをダウンロードしたら、その内容を新しくフォーマットされたmicroSDカードに解凍します。カードのルートフォルダに3つのアイテムが追加されているはずです。

・mcu.bin(ファイル)
・fpga.bin(ファイル)
・os(フォルダ)

コンピュータからmicroSDカードを安全に取り出し、MemCard PROのmicroSDカードスロットに差し込みます。

注意:MemCard PROのmicroSDカードを交換する場合は、このページの手順を新しいmicroSDカード用に繰り返す必要があります。

PlayStation、PSone、PlayStation 2*のいずれのスロットにもMemCard PROを差し込むことはできません。

*PlayStation 2に対応しているのは、PlayStation 1のゲームをPlayStation 2本体でプレイする場合のみです。PlayStation 2 Slimは、MemCard PROに十分な電力を供給できないため、直接サポートされていません。しかし、この問題を解決するために、ゲーム機に1本の配線で簡単な改造を行うことができます。この方法は、本マニュアルの下部に記載されています。

■基本的な使い方

カードをPlayStation、PSone、PlayStation 2本体のスロット1またはスロット2に差し込んでください。

ゲーム機の電源を入れます。有機ELディスプレイに “8BITMODS.COM “と “MemCard PRO “のロゴが順に表示されます。

MemCard PROは、VMCをロードして、その名前をディスプレイに表示します。初回の電源投入時には、microSDカードに「MemoryCard1」が作成され、MemCard PROのOLEDディスプレイに読み込まれて表示されます(図1参照)。

ゲーム内での使用方法は通常のメモリーカードと同じなので、セーブやロードも通常通り行えます。

バーチャルメモリカードには、8チャンネルの追加バーチャルカードがあります。バーチャルメモリーカードには、8つのチャンネルが用意されており、それぞれのチャンネルは、ゲーム内で使用可能なメモリーカード全体に相当します。各チャンネルには15ブロック分のストレージが用意されています。

様々な方法でチャンネルを切り替えることができます。ほとんどのゲームは、メモリーカードのホットスワップをサポートしており、MemCard PROは、チャンネルまたはVMCを変更するたびに、ホットスワップ動作をシミュレートします。

次のチャンネルに移動するには、MemCard PRO の右の物理ボタンを押します。次のチャネルに行くための他の方法は、次のとおりです。

図1:初回起動時のディスプレイ。左上にVMC名、右下に現在のChannel、Read/Writeインジケーターが表示されています。

  1. L + R + Select +右キー」のコンボでゲームパッドを操作します。
  2. WebUIのホーム画面から。

前のチャンネルに行くには、MemCard PROの左の物理ボタンを押します。前のチャンネルに行くための他の方法は、次のとおりです。

  1. L + R + Select + 左キー」のコンボでゲームパッドから操作します。
  2. WebUIのホーム・ページから。

8チャンネル以上の新しいVMCを作成して選択するには、ゲームパッドで以下の組み合わせを押してください。

L + R + Select + 上キー

カードが「MemoryCard2」とチャンネル1に切り替わります。MemoryCard2」用のファイルがmicroSDカード内に存在しない場合は、自動的に作成されます。既に存在している場合は、MemCard PROが代わりにそのカードをマウントします。同じ組み合わせをもう一度押すと、「MemoryCard3」に移動または作成され、以下同様です。

■ODEでの使用

光学ドライブエミュレーター(ODE)とは、microSDカード、USBドライブ、ハードディスクドライブ(SSD)などを使ってバックアップを再生するためのデバイスです。これらのデバイスには通常、「ランチャー」メニューシステムがあり、記憶媒体上で利用可能なゲームがリストアップされています。ゲームを選択すると、ゲーム機を完全にリセットするか、「FastBoot」と呼ばれる技術を使用してリセットせずにゲームをロードすることで、ゲームが起動します。

MemCard PROは、独自のプロトコルを実装しており、このようなデバイスは、起動しているユニークなゲームIDをカードに送信することができます。これにより、MemCard PROは起動しているゲームを識別し、そのゲーム用のVMCを自動的に作成します。すでにVMCが存在する場合は、それをマウントするので、特定のゲームのゲーム・セーブがある正しいVMCへの切り替えを忘れてしまうこともありません。

さらに、MemCard PROは内部のゲームデータベースを利用して、プレイしているゲームのフルネームを表示することができます。

この記事を書いている時点では、「XStation ODE」がGameIDをサポートするアップデートをリリースしており、「Mode」と「PSIO」もサポートの追加に取り組んでいます。

この機能を有効にするために何かをする必要はありません。ODEが検出されると、デフォルトで有効になります。

■制限と例外

すべての既知のゲームをデータベースに追加するためにあらゆる努力をしていますが、一部のゲームがまだ欠けている可能性があります。もし、ディスプレイにフルネームではなくGameIDが表示されているゲームを見つけた場合は、ぜひお知らせください。

【既知の制限】

・自作ゲームや翻訳・変換などは、GameIDでマスターアップされていない場合があります。そのような場合、MemCard PROは最初に利用可能な汎用VMC(MemoryCard1)に戻ります。開発者に連絡を取り、ダミーのIDを割り当ててもらうことができます。そのIDをデータベースに割り当てることで、適切な識別が可能になります

・現時点では、前述のゲームパッドのコンボでゲーム内で汎用カードに切り替えることができますが、これを行うと自動カードに戻す方法はありません。ゲームを再起動し、ODEのランチャーアプリから起動することで、ゲーム固有のVMCに戻すことができます。

・GameIDはODEとのペアリングでのみ可能です。それ以外の方法でMemCard PROが起動中のゲームを検知することはできない。

・GameIDの識別を無効にすることは現時点ではできませんが、ファームウェアのアップデートでそのオプションを追加する予定です。

■WiFi&リモート機能

  1. MemCard PROは、ローカル・ワイヤレス・ネットワークに接続し、そのハードウェア設定を変更したり、カードの状態やストレージをリモートで管理したりすることができます。MemCard PRO をローカル・ワイヤレス・ネットワークに初めて接続するには、以下の手順に従ってください。
  2. microSDカードを挿入し、MemCard PROをコンソールに接続した状態で、コンソールの電源を入れ、MemCard PROのディスプレイにデフォルト画面が表示されるまで待つ(図1)。
  3. コンピュータまたはモバイル機器(電話やタブレット)を使用して、Wireless Networks を表示する。お住まいの地域で利用可能な「MemCardPRO-(serial number)」という新しいネットワークが表示されます。それを選択して、接続します。
  4. MemCard PROのアクセスポイントを選択すると、パスワードの入力を求められます。パスワードはmcpadmin
  5. 「OK」 または 「Connect」 を選択します。お使いのデバイスがMemCard PROアクセス・ポイントに接続されます。
  6. デフォルトのWebブラウザを開き、次のURLに移動します。http://192.168.4.1
  7. WiFi セットアップ・ウィザードが表示されます。画面に表示される指示に従ってセットアップを完了し、MemCard PRO をワイヤレス ネットワークに接続します。
  8. 最後のステップでは、ボタンをクリックするとデバイスが自動的に再起動します。MemCard PRO のアクセス・ポイントが消え、デバイスがローカル・ワイヤレス・ネットワークに再び接続されるはずである。これが起こらない場合は、手動でワイヤレス ネットワークに再接続してください。
  9. カードの再起動が完了すると、ワイヤレス ネットワークに接続されるはずです。
  10. WebUIにアクセスするには、まずMemCard PROに割り当てられているIPアドレスを確認する必要があります。これは、MemCard PROの左の物理ボタンを長押しすることで簡単に確認できます。ディスプレイには、割り当てられたIPアドレスが表示されます。このIPアドレスを分かりやすい場所に書き留めておき、MemCard PROと同じネットワークに接続されている機器からWebUIにアクセスする際に使用します。

例えば、MemCard PROのIPアドレスが「192.168.1.230」だった場合、パソコンや携帯端末でWebブラウザを開き、アドレスバーに “http://192.168.1.230/”のように入力します。

  1. すべてが正しく行われていれば、MemCard PRO WebUI のホームページが表示されているはずです。

■WebUI

前章でWiFiの設定を行った後、WebUIにアクセスできるようになっているはずです。

WebUIでは、通常は他の方法ではできないいくつかのことができます。以下のことができます。

・任意のリモートデバイスからマウントされたVMCとChannelの確認
・任意のVMCの強制マウント
・リモートでVMCをブラウズし、ファイルをダウンロードまたはアップロードする
・デバイスの設定変更

現時点では、現在のVMCの確認、チャンネルの変更、設定の変更しかできません。
ファームウェアのアップデートでカードブラウザが届く WebUIでは、最新のバージョンを確認したり、MemCard PROにインストールされているバージョンよりも新しいバージョンがある場合に通知したりすることで、ファームウェアのアップデートをリモートで行うこともできます。

■WebUIのホームページ

WebUIのトップページには、現在使用しているVMCの情報と、ODEを使用している場合はODEから検出された情報が表示されます。また、ボタンをクリックするだけで、現在のVMCのチャンネルを変更することができます。

上側には、カード名やゲーム名が表示されます。ODEモードでは、カード名の下にユニークなGameIDも表示されます。

また、現在のチャンネルが表示され、その横には2つの矢印ボタンがあります。左右のボタンをクリックすると、それぞれ前後のチャンネルに切り替わります。

また、カードブラウザ(近日公開予定)と設定に移動するための2つのボタンがあります。

■WebUIセッティングページ

The Settings ページでは、MemCard PRO の設定を行います。利用可能なオプションは次のとおりです。

Wi-Fi Switch:MemCard PROのWiFiレシーバ/トランスミッタをオフにすることができる。これを行うと、WiFi ラジオが完全にオフになることに注意してください。WiFi ラジオを再び有効にするには、MemCard PRO の設定を工場出荷時のデフォルト値にリセットする必要があります。

Load last used card on Reset:。この機能では、電源投入時に最後に使用したVMCを自動的にロードすることを有効/無効にすることができます。このオプションは、デフォルトで有効になっています。

Display Saver Mode:このオプションでは、ディスプレイ セーバー モードをトリガーしたときの MemCard PRO の動作を選択できます。使用可能なオプションは、「Dim」および「Turn Off」です。OLEDディスプレイはもともと明るいが、静的なテキストを長時間表示すると焼き付きが発生することがあります。この影響を軽減するために、MemCard PROは、30秒間何もしないでいると、自動的にディスプレイを暗くしたり、オフにしたりできます。活動がある場合は、次の活動がない期間まで、自動的にディスプレイを明るくするか、またはオンにします。

Display Brightness:スライダーを動かすことで、ディスプレイの明るさを選択することができます。MemCard PROには、10段階の明るさが用意されている。これは「明るい」モードであり、調光モードの明るさには影響しません(常に最低の目盛りになる)。

Firmware Version & Update:現在インストールされているファームウェアのバージョンがここに表示されます。このページをロードすると、MemCard PROはリモート サーバー上で利用可能な最新バージョンをチェックし、より新しいバージョンが利用可能な場合はボタンを有効にします。

Performing a firmware update:[Update (アップデート)] ボタンが利用可能な場合、それをクリックするとアップデート処理が開始されます。プロセスが完了してから、MemCard PRO をコンソールから取り外したり、コンソールの電源を切ったりしてください。

■FAQ

  1. MemCard PRO は、どのようなファイル システム形式をサポートしていますか?

MemCard PRO は、FAT32 または exFat ボリュームのシンプルな MBR パーティション スキームのみをサポートします。最大限の互換性を得るためには、公式の SD Card Formatter ソフトウェアを使用してください。

  1. MemCard PRO は、SD カードがなくても動作しますか?

MemCard PRO は、microSD カードが接続されていないと動作しません。

  1. MemCard PRO は、どのゲーム機に対応していますか?

MemCard PROは、初代Sony PlayStation、Sony PSoneおよびPlayStation 2コンソールでのみテストされています。

PlayStation 2 SlimコンソールおよびPS3アダプターは、これらのコンソールを改造しない限りMemCard PROで動作しません。

  1. MemCard PROは、どのようなVMCカード・フォーマットを作成/サポートしていますか?

MemCard PROは、生のメモリーカード・イメージの作成および使用のみが可能です。使用されるファイルの拡張子は「.mcd」です。また、余分なヘッダーはありません。拡張子が.mcdであり、適切な名前が付けられていれば、ヘッダーのないメモリーカード画像であっても、MemCard PROで使用できます。

  1. MemCard PROで保存したものをエミュレーターで使用できますか?

はい!使用するファイルに余分なヘッダーがない限り、どちらの使用も可能です。メモリカードのファイルがMemCard PROで使えるかどうかを確認する簡単な方法は、実際のサイズを確認することです。ファイルの長さは、正確に131,072バイトでなければなりません。

  1. ゲームパッドのコンボが動作しません!

MemCard PROは、カードと同じポートに接続されたコントローラからのゲームパッドのボタン押下のみを検出できます。

例えば、MemCard PROをSlot 1に接続した場合、MemCard PROがボタンを検出するためには、コントローラもSlot 1に接続されている必要があります。

  1. MemCard PRO をローカル・ワイヤレス・ネットワークに接続しましたが、WebUI ページを開くことができません。

最も一般的な原因は、リモート・デバイスが MemCard PRO と同じサブネット上にないことです。WebUI にアクセスするには、MemCard PRO と同じネットワークに接続する必要があります。また、MemCard PRO が無線ネットワークへの接続に失敗したことも原因の ひとつです。その場合は、コンソールと MemCard PRO をルーターに近づけてみてください。左の物理ボタンを押してもMemCard PROにIPアドレスが表示されない場合は、カードがWiFiに接続できなかったことになります。この場合、次の電源サイクル後にMemCard PROはデフォルトでAccess Pointに戻り、WiFiセットアップを再度試みることができます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。