Analogue『Nt mini Noir』リファレンスマニュアル勝手に日本語翻訳版

Analogue『Nt mini Noir』リファレンスマニュアル勝手に日本語翻訳版

2020年11月より出荷が開始された、Analogueの高級ファミコン互換機『Nt mini Noir』。そのリファレンスマニュアルが公式サイトで公開されていたので、日本語訳をしてみました。

Analogue
それに値する敬意を持って、ビデオゲームの歴史を祝う&探求する。

この度は、Analogue Nt mini Noirのオーナーになられておめでとうございます。

FPGAで設計されています。エミュレーションなし。1080p。
ゼロラグ。完全な精度。『Nt mini Noir』は、プラグアンドプレイのおもちゃではありません。任天堂の8ビット時代を探求するための決定的な方法です。1800以上のファミコンとファミコンのゲームライブラリと互換性があります。妥協することなく、史上最高のビデオゲームシステムの1つを探索し、再現してください。

箱の中には何が入っているのか?
・Nt mini Noir本体
・HDMIケーブル
・USBケーブル
・8bitdo N30 2.4gワイヤレスゲームパッド付きファミコンコントローラポートレシーバー
・ワールドワイド電源(100-240v.50/60hz、USA/JPNプラグタイプ)
・三つ折りのNtミニノワールクイックスタートガイド

Analogue『Nt mini Noir』リファレンスマニュアル勝手に日本語翻訳版
  1. N30コントローラーのスタートを3秒間押したままにして、電源を入れます。
  2. 2.4gレシーバーをファミコンのコントローラーポートに挿入します。
  3. 両方のLEDが青く点灯するまで待ちます。
  4. コントローラがペアリングされました
Analogue『Nt mini Noir』リファレンスマニュアル勝手に日本語翻訳版

■Nt miniの設定
電源アダプタをNt Mini Noirの背面にあるバレルコネクタに差し込み、もう一方の端を壁のコンセントに差し込みます。HDMIケーブルやアナログケーブルをNt Mini Noirとディスプレイに接続します。ファミコンコントローラとカートリッジを挿入します。

前面のLEDが点灯するまで電源ボタンを押し続けます。SDカード、コントローラー、ビデオケーブルは電源を入れたままでも抜き差しできますが、カートリッジは抜き差しできません。

■ファームウェアの更新
Nt Mini Noirを再生する前に、必ず最新のファームウェアにアップデートしてください。

co. ファームウェアのアップデートには、FATフォーマットのSDカードが必要です。

ファームウェアをアップデートするには、Analogueのサポートページにある最新のファームウェアアップデートファイル(拡張子は.bin)を、SDカードのルートディレクトリにコピーしてください。ルートディレクトリに他のファームウェアファイルがないことを確認してください。Nt Mini NoirのSDカードスロットにSDカードを挿入し、電源を入れます。ファームウェアの更新プロセスは自動的に開始され、完了するまでに約3分かかります。その間、電源LEDが赤く点滅し、画面が真っ白になります。

プロセスが完了すると、LEDが安定した色で表示され、Nt Mini Noirの起動ロゴがアニメーションで表示されます。ファームウェアのアップデート中は、Nt Mini Noirの電源を切らないでください。何らかの理由で電源が切れてしまっても、パニックにならないでください。システムには何も表示されないかもしれませんが、電源が回復するとフラッシュするファームウェアファイルを探します。ファームウェアのアップデートに失敗した場合、Nt Mini Noirを故障させることはできません。

ファームウェアをアップデートすると、すべての設定がデフォルトにリセットされます。アップデート前に設定をメモしておいてください。

ファームウェアをアップデートすると、すべての設定がデフォルトにリセットされます。アップデート前に設定をメモしておいてください。

■ポート
P1-P4 – コントローラポート 1-4。
SDカード – NSFの音楽ファイル、ファミコンの読み込みに使用します。 パレットファイルと LED パターンファイルを表示します。
電源ボタン – 長押しして電源をオンにするか、または オフ、を押して離すとウォームリセットが実行されます。
USB – ワイヤレスゲームパッドの充電に使用します。
電源ソケット – Nt Mini Noir に電源を供給します。
エキスパンダ – 日本のファミコン向け周辺機器のための拡張ポートに使用します。
ヘッドセット – ヘッドフォンの両方に使用します。出力とマイク入力(複数の ファミコンゲーム)をTRRSミニジャック経由で接続します。ヘッドセット はヘッドフォン出力と マイク入力用とTRSミニジャック規格 ヘッドフォンにも対応しています。
ディスクリート・コンデンサー・マイクは TRRSからヘッドフォンとマイクのスプリッターです。
Nt Mini NoirはAHJ/CTIA規格に準拠した TRRS信号アサイン:先端=左、第1リング=左 右、第2リング=グラウンド、スリーブ=マイク アナログオーディオ – 金メッキステレオRCA出力 使用されるビデオモードに関係なく音声を提供する アナログビデオ – すべてのアナログビデオは通過します。この金メッキされたHD-15「VGA」ポートだけが 標準画質のビデオは、このポートを介して利用可能です。
HDMI ポート – デジタルビデオとオーディオが利用可能 480p、720p、または 1080p モードのこの港を通って 50または60Hzのいずれかのリフレッシュレートで。

■理想的なレトロゲーミングのためのHDMIテレビの設定
フラットパネルテレビに低遅延、ノーラグ、またはゲームモードがある場合は、それを有効にしてください。そうでない場合は、テレビのすべての処理機能をオフにするか、ゲームプレイやレイテンシーに悪影響を及ぼす可能性があります。

■互換性のあるアナログビデオケーブル
Nt Mini Noirは、15ピンの「VGA」ビデオコネクタを介してRGB、コンポーネント、Sビデオ、コンポジットビデオをサポートしています。アナログでは、最適な結果を得るためにMonoprice社から販売されている費用対効果の高いケーブルを推奨しています。対応ケーブルのリストと購入可能なリンクは以下の通りです。

コンポジット&Sビデオ
モノプライスVGA→S-Video/RCA(コンポジット)アダプタケーブル

コンポーネントビデオ
3 RCAコンポーネントビデオケーブルへのMonoprice 12フィートVGA
3 RCAコンポーネントビデオケーブル(HD15 – 3-RCA)へのMonoprice 6フィートVGA
Monoprice 6in VGAから3x RCAコンポーネントビデオケーブル(HD15から3x RCAまで)

RGBビデオ – BNCコネクタ
Monoprice VGA HD-15 から 5 BNC RGB ビデオ ケーブルへの HDTV のモニター ケーブル – 6FT
Monoprice VGA HD15 男性から 5x BNC 女性アダプターケーブル – 1フィート

■RGBビデオ – SCARTコネクタ
SCART接続のための最も手間のかからない方法 アナログビデオをテレビに配信するには Monoprice VGA HD15 男性から 5x BNC 女性への アダプタケーブル – 1フィートと組み合わせて使用します。

4 x BNC + 2 x RCAブレークアウトへのオスSCART

赤、緑、青のビデオ端子を接続します。を合わせてご紹介します。コンポジットのシンチラインはグレー/ホワイトです。だから、一致する端子を一緒に接続します。そこに はDACのアナログビデオでオーディオ接続されていません。コネクタに接続する場合は、RCAケーブルを接続する必要があります。DACのRCAジャックに接続します。

■RGBビデオ – VGAまたはDVIコネクタ
任意の VGA-to-VGA ケーブルまたはアダプタを使用することができます。HD-15コネクタが付いています。コネクタのオスメスに注意して、入力デバイスに接続します。VGA ディスプレイまたはキャプチャデバイスは、15KHzがサポートされているもののみ対応しています。240p/480i が何であるか水平スキャン頻度 コンソールが出力します。一般的なVGA CRTはそうではありません。また、DACをディスプレイやキャプチャデバイスに接続することもできます。フラットパネルLCDのようなDVI-AまたはDVI-Iを持っています。入力コネクタに適切なケーブルを接続するか アダプタを使用しています。DVIコネクタを持つすべてのデバイスではありません 15KHz水平スキャン周波数をサポートしています。Nt Miniが提供しています。

■デフォルトのコントローラキーの割り当てとホットキー
上キー + スタート + セレクト + B + A – ウォームリセット (電源/リセットボタンを押すのと同じ)

下キー+スタート-入力/離脱メニュー(入力すると メニューはゲームを一時停止せず、コントローラをブロックする を入力してゲームに参加すると、メニューから離れると、次の画面に戻ります。にコントローラ入力を返します。
ゲーム)

B – 確認/選択メニューオプションキー
A – キャンセル/バックキー

これらは、システム – ホットキーとコントローラメニューオプションで変更することができます。

セレクト + A コントローラーでNt Mini Noirの電源ボタンを長押しします。

■メインメニューオプション
・Run Cartridge
コールドリセット(CPUレジスタとメモリがリセットされます)を実行し、カートリッジスロットでカートリッジを動作させます。

これは、NESまたはファミコンのカートリッジを使用することができますが、同時に両方のカートリッジスロットを使用することはできません。

・Settings
ビデオ、オーディオ、システムのオプションを調整し、設定を保存し、クレジットを表示することができます。

・Tools
Game Genieスタイルのチートコードを入力してNSFファイルを再生することができます。

Power Off System
電源ボタンを押すために後ろに手を伸ばすことなく、システムをオフにすることができます。

■互換性のあるカートリッジ

  • 任天堂公認の公式カートリッジ(全地域)
  • 非正規品/自作/複製/海賊版NES・ファミコンのカートリッジ
    -ファミコンディスクシステム、カラオケスタジオ、データック
    -ジョイントROMシステム、StudyBox、ファミコンモデム
  • ゲームジーニー、プロアクションリプレイ、ゲームアクションリプレイ
    -アラジンデッキエンハンサー
    -NES PowerPak、EverDrive N8、N8 Pro※のご紹介です。
  • Nt MiniはNES側のカートリッジ・コネクタでは拡張オーディオ・パススルーをサポートしていませんが、ファミコンのカートリッジ・コネクタではサポートされています。

■互換性のあるコントローラと周辺機器
公式・アフターマーケットのNESコントローラー (全地域、全品種) ファミマ拡張ポート機器※

・8bitdo N30 2.4Gファミコンコントローラレシーバーと Bluetoothレトロレシーバー
・スーパーファミコンのコントローラーとスーファミのNTT データコントローラ(SNESからNESへの変換器を介して)
・NESとファミコンの光線銃、「R.O.B.」とファミコン3DメガネはCRTディスプレイでアナログビデオモード使用時のみ対応

※Nt Mini Noirで使用されているDA-15コネクタよりも、オリジナルのファミコン拡張ポートの方が深いため、ソケットから少しはみ出す場合があります。非常にかさばる周辺機器の中には、電源ソケットを塞いでしまうものがあり、短い15ピン延長ケーブルが必要になる場合があります。

■設定メニューの構成と概要
各オプションの工場出荷時のデフォルト設定がハイライト表示されます。オプションがハイライトされていない場合、そのオプションは工場出荷時のデフォルト設定では有効になっていません。
特定のオプションに範囲が与えられている場合は、範囲の制限が与えられた後に、その範囲のデフォルト値が強調表示されます。

Analogue『Nt mini Noir』リファレンスマニュアル勝手に日本語翻訳版

■レゾリューション
480pモード:640×480の解像度をセット
576pモード:720×576の解像度をセット
720pモード:1280×720の解像度をセット
1080pモード:1920×1080の解像度をセット

50pはヨーロッパ、オーストラリア、中国、ロシアのPALとDendyのゲームを対象としており、日本、アメリカ、韓国、台湾、ブラジルのゲームはすべてNTSC 60pのフレームレートを使用しています。ティアリング(シングルバッファモードがオフの場合)やスタッタリングなどのビジュアルアーチファクトが見られる場合は、リフレッシュレートがゲームの地域のリフレッシュレートと一致していることを確認するために、ここをチェックしてください。この設定は、システムサブメニューのハードウェア設定と併用してください。

Nt Mini Noirは、HDMI経由でEDID (Extended Display Identification Data:機器間で表示解像度やリフレッシュレートなどの情報を交換するための標準データ形式のひとつに対応)をサポートしています。

ディスプレイは、Nt Mini Noirがサポートしているディスプレイモードを伝えるEDID情報をHDMIケーブル経由で送信します。サポートされていないディスプレイモードでも動作する場合がありますが、サポートされていない場合は、画像が表示されないことがあります。

NTSCディスプレイの中には50pをサポートしていないものもありますが、50p解像度の一部またはすべての解像度で動作します。ほとんどのヨーロッパのディスプレイは60pをサポートしています。

Nt Mini Noirは、低解像度の設定を選択して設定を保存しない限り、お使いのモニターがサポートする最高解像度とフレームレートで起動します。

NTSCファミコンとファミコンは、NTSCモードでは256×240ピクセル、PALファミコンとDendyは、PALモードでは252×239ピクセルのアクティブピクセルを表示します。

■幅と高さ
1.480p の選択
水平ピクセルの最小/最大幅

256/640
垂直ピクセルの最小/最大高

480/480
480 (2x) 垂直プリセットでの水平プリセット : 幅 – 256 (1x)、480 (1:1)、512 (2x)、548 (正方形ピクセル)、640 (16:10の場合は4:3)

2.576p オプション
水平方向のピクセルの最小/最大幅: 256/720
縦ピクセルの最低/最大の高さ: 480/576

480(2x)垂直プリセットの水平プリセット:幅-256(1x)、480(1:1)、512(2x)、548(スクエアピクセル)、720(4:3 for 16:10)

水平方向のプリセットは576垂直方向のプリセットで . 幅 – 256 (1x)、512 (2x)、576 (1:1)、658(スクエアピクセル)、720(4:3 for 16:10)

3.720pオプション
横のピクセルの最低/最大幅: 512/1280
縦ピクセルの最低/最大の高さ: 480/720

480 (2x) 垂直プリセットでの水平プリセット :幅 – 512 (2x)、548 (スクエアピクセル)、768 (4:3 for 16:10)、853 (4:3 for 16:9)、4x (1024)、5x (1280)

600(2.5倍)の垂直プリセットでの水平プリセット:幅 – 512(2x)、600(1:1)、685(スクエアピクセル)、3倍(768)、960(4:3 for 16:10)、1024(4x)、1066(16:9の場合は4:3)、1280(5x)

720 (3x) 垂直プリセットでの水平プリセット :幅 – 512 (2x)、720 (1:1)、768 (3x)、822 (正方形ピクセル)、1024 (4x)、1152(4:3 for 16:10)、1279 (4:3 for 16:9)、1280 (5x)

4.1080pオプション
最小/最大幅(水平ピクセル) :1024/1920
最小/最大高さ(垂直ピクセル):960/1200
960 (4x) 垂直プリセットの水平プリセット:幅 – 1024 (4x)、1097 (スクエアピクセル)、1280 (5x)、1536 (4:3 for 16:10) (6x)、1706 (4:3 for 16:9)、1792 (7x)、1920

1080 (4.5x) 垂直プリセットでの水平プリセット:幅 – 1024 (4x)、1080 (1:1)、1234 (スクエアピクセル)、1280 (5x)、1536 (6x)、1728 (4:3 for 16:10)、1792 (7x)
1919 (4:3 for 16:9)、1920

1200 (5x) 垂直プリセットでの水平プリセット :幅 – 1024 (4x)、1200 (1:1)、1280 (5x)、1371 (スクエアピクセル)、1536 (6x)、1792 (7x)、1920(4:3 for 16:10)

■スケーリングの注意点
Nt Miniを1080pまたは1080pに出力する場合、4Kネイティブディスプレイの場合は縦5倍でスケールを使用して、画面を可能な限り埋め尽くすようにしてください。

ほとんどのゲームでは、すべての重要な情報を見ることができるはずで、縦位置を頻繁に調整する必要はありません。5 倍の垂直スケールでは、基本的に 256×216 のスケール解像度が得られるので、重要な詳細が失われた場合には、水平方向と垂直方向の位置を調整するスライダを使用して表示される線を調整することができます。

このページでは、ファミコンのオーバースキャンについて説明します。

1080pで完全に正方形のピクセルを表示したい場合は、次のように選択してください。5倍の水平スケール。理想的なピクセルスケールは、水平スライダーの上に表示されている「Square Pixel」オプションです。非整数のピクセル値で水平スケールを行うと、Contra のようなゲームではシマーが表示されることがあります。

水平補間を有効にすると、シャープネスの損失を最小限に抑えながら、そのシマーを除去することができます。

シマー現象のない、一般的なCRTよりもわずかに広いストレッチが必要な場合は、1080pモードで6倍の水平スケールと5倍の垂直スケールを選択してください。

選択した水平および垂直ピクセルサイズのセンタリング値

480p
幅 = 512 (2x) /548 (スクエアピクセル)
水平位置=31
高さ = 480 (2x)
垂直位置=53

720p
幅 = 822 (スクエアピクセル) / 1024 (4倍)
水平位置=26 / 19
高さ = 480 (2x)
垂直位置=39

1080p
幅=1097(スクエアピクセル)÷1280(5x)
水平位置 = 22 / 16
高さ=960(4倍
垂直位置=51
幅=1234(スクエアピクセル)÷1280(5x)
水平位置=17 / 18

高さ=1080(4.5x)
垂直位置=48

幅=1371(スクエアピクセル)÷1536(6倍
水平位置 = 13 / 7
高さ=1200(5x)
垂直位置=45

これらの値は、すべてのHDMI互換デバイスで有効ではなく、スケーラまたは補間のいずれかがアクティブになっている場合は、1ピクセルまたは2ピクセルシフトする可能性があります。

■Screen Size
簡易スクリーンサイズ設定では、高さの設定は1080pモードのみに与えられています。

■クロップ
スライダーを使って、各エッジをクロップして 画面は、各方向に最大32ピクセルずつ表示されます。

ファミコンでは、NTSCとPALのPPUを使用して、縦240または239の有効画素、横256または252の有効画素を常に表示しています。NTSC NESやファミコンでもボーダーカラーを表示することができますが、これは見られることを意図したものではなく、アナログ表示モードを持つNt Mini Noirでのみ表示されます。

初期のゲームは上下と側面をタイルで埋める傾向がありましたが、最終的に開発者は、ほとんどのテレビがファミコンの解像度のエッジを表示しないことに気付きました。そのため、彼らはこれらの領域で適切にタイルを更新していない可能性があります(例:バイオニックコマンドー、ダブルドラゴンII)または左右の境界線(例:スーパーマリオブラザーズ3、カービィの冒険)で奇妙な色の領域を許可しています。

■スケーラー
スケーラーを適用したい場合は、いくつかのスケーラーを利用することができます。「スケーラーなし」は、ピクセルの色を、希望のスケーリングされた解像度に到達するために必要な回数だけ水平方向と垂直方向に繰り返す、最近傍補間を使用しています。これにより、最もシャープな「ピクセル・ピュリスト」グラフィックスが得られますが、スケーリングされた解像度が元の解像度の整数倍でない場合、水平方向のピクセルが不均一になることがあります。

HQ2x、HQ3x、HQ4xスケーラは ピクセルの周囲のピクセルに基づいており、その結果の方が一般的には滑らかなイメージになります。2倍、3倍、4倍の場合はピクセルのブロックを参照しており、ブロックが大きいほど使用される色は少なくなります。スケール2倍とスケール3倍は、やや異なるアルゴリズムを使用していますが、同じような結果が得られます。X-Rayは単純なアルゴリズムを使用し、白と黒のグラフィックを反転させて表示することができます。

スケーラーを使用すると、画像がわずかにずれたり、色が大きく変化したり、必要な画像の処理のために少し余分なラグが生じたりします。

Disable H and V InterpolationHおよびV補間を無効にする) – これらのオプションは、水平方向および垂直方向のピクセルサイズが、それぞれ 256および 240の整数倍ではない場合に有効です。これらのモードでは、ピクセルのエッジを微妙にブレンドして、最も近くでスケールされたピクセルの不均一さを目立たなくします。また、液晶ディスプレイのスクロール背景のシマーを除去することもできます。真の整数の水平または垂直スケールを使用している場合は、これらのオプションを使用する必要はありません。

Disable Horizontal or Vertical Interpolation(水平または垂直補間を無効にする)ボックスをチェックすると、補間がビデオに適用されないことを意味します。補間の各形式を独立して設定することができます。

■スキャンライン
Nt Mini Noirは、CRTの走査ビーム構造によって生成されるスキャンラインを再現することができます。通常のスキャンラインは、ピクセルの色に関係なく同じ量だけピクセルを暗くします。ハイブリッドスキャンラインオプションは、ピクセルの色を調光する際にガンマを調整することで、よりリアルなスキャンラインを目指します。ハイブリッド スキャンラインでは、暗い色の方が明るい色よりも太いスキャンラインになります。

ここで紹介されているオプション、通常のスキャンラインの深さ、スキャンラインの幅、スキャンラインのサブブライトネスは、表示されているスキャンの明るさと、表示されているグラフィックの各スキャンの間にシミュレートされているギャップラインの表示を変更するために、互いに連動して動作します。スキャンラインのサブブライトネスは、グラフィックの間に線が見えるようにするには、0以上の値に設定する必要があります。このオプションは線を暗くし、255にすると線は完全な黒になります。

最初のふたつのオプションは、480pモードではほとんど効果がありません。彼らの最高のユーティリティは、1080p 4xおよび5xモードである。彼らがすることは、異なる方法でギャップラインに隣接してスキャンされたラインの明るさを変更することです。これらのオプションは、スキャンされた線の色の明るさに細かいグラデーションを可能にします。との関係で、 描画された各線の間にある隙間に対応しています。

これらのオプションを使用して、3分の1ごとに暗くすることができます。720pモードでのスキャンラインは、最も簡単かもしれません。を使ってPVMライクなスキャンラインを得る方法を紹介します。

スキャンラインを使用する場合は、幅と高さの設定で垂直方向の位置 を現在の設定から変更して、スキャンラインを 揃える の各行を二等分します。スキャンラインが スケーリングされたピクセルは理想的ではありません。

■アナログモード
Nt Mini Noirは、アナログビデオ出力を表示することができます。アナログDACと同様にアナログビデオポートを内蔵。

Limit Browser Width(ブラウザの幅を制限する) – フォントのファイルブラウザ とLEDアニメーションで60列のテキストが表示されます。と行ごとの数字を表示します。チェックされている場合、ファイルブラウザ は1行に30列のテキストと数字を表示します。

ファイル名が長すぎて1つの 行にスクロールすると、名前が 左側にあるので、ファイル名全体が読めるようになっています。テキストは60 一行あたりの文字が非常に読みにくい コンポジット映像で出力する場合 30文字 コンポジットを使用していても、行ごとのテキストが問題になることはありません。

DAC LED Brightness(DAC LEDの明るさ) – DACを導いく。

Link DAC LED to power LED(DACのLEDを電源LEDにリンク) – アナログDACのLED Nt Mini NoirのLEDのような挙動をします。

■Advanced Settings(詳細設定)
RGB コンポジットシンク(1 本のシンクワイヤ、75Ω終端シンク) デフォルトオプション RGB セパレートシンク(2 本のシンクワイヤ、TTL レベルシンク) デフォルトオプション RGB セパレートシンク(2 本のシンクワイヤ、TTL レベルシンク)
緑のRGBシンク(ゼロシンクワイヤ)

これらの設定はHDMIでもアクセスできます。
間違った同期オプションを設定すると、画面が黒くなったり、文字化けしたり、画面がローリングしたりすることがあります。デフォルトのアナログオプション(コンポジット同期)がディスプレイデバイスで機能しない場合、HDMIからコンポジットへの他のビデオ出力を使用して、デバイスがサポートしているオプションに同期オプションを設定することができます。アナログディスプレイのみを使用する場合は、設定を保存することを忘れないでください。

アナログRGBモニターは通常 Composite Synchですが、アナログキャプチャーカードのような を使用する場合は、 セパレートシンクが必要です。

Invert RGB Synch(RGB Synchを反転させる) – このオプションは Synch信号の極性を正から正へ 負の値を正の値にするか、負の値を正の値にするかを指定します。このオプションを使用します。ディスプレイに表示されている場合は、取得が困難な場合や デフォルトのオプションでは同期が失われます。

Chroma Filter(クロマフィルタ) – クロマフィルタのオプションは以下のようになります。コンポジットで見られる色のフリンジを調整 ビデオです。S-Videoは色のフリンジがほとんどないので このオプションの効果は、その接続を使用しても最小限です。コンポーネントビデオや、RGBビデオの接続には影響しません。

7.5 IRE Black Level(7.5 IRE ブラックレベル) – コンポジットビデオの輝度は IRE 単位で測定され、0.0-100.0 は使用可能な IRE 単位の範囲です。このオプションを有効にすると、ブラックレベルを US NTSC 標準の 7.5 IRE に設定します。このオプションはコンポジットビデオと S-Video にのみ効果があります。無効にすると 0.0 IRE が使用され、これは日本の NTSC 規格となり、PAL では常に使用されていました。

700mv RGB Level – 無効にすると、RGB は各色信号に 1v 信号を使用します。ほとんどの RGB ディスプレイは 700mV を好むので、より高い電圧レベルを好むディスプレイのためだけにこのオプションを無効にする必要があります。

■Extra Features(追加機能)
Enable Dejitter(デジッターを有効にする) – NES は、コンポジットカラーのアーチファクトを軽減するために、1 フレームおきに 1 つの「短い」(1 ピクセル単位の)スキャンラインを出力します。Nt Mini Noir はこの機能を再現していますが、他の出力タイプでは最初のスキャンラインでジッターとして表示されることがあります。このジッターを除去するには、Dejitterを有効にしてください。

16 Sprites per Scanline(16スプライト/スキャンライン) – NESでは、スキャンラインごとに8つのスプライトを表示することができました。ひとつのスキャンラインにそれ以上のスプライトを配置すると、9番目以降のスプライトは表示されないため、結果としてちらつきが発生します。このオプションを使うと、スキャンラインごとに最大16個のスプライトを表示することができるので、ちらつきをなくしたり、大幅に減らすことができます。しかし、ゲームのグリッチの原因になることがあり、一部のゲーム(Nintendo World Cup)ではフリッカーが発生しないようにスプライトを描画しているので、このオプションはそのようなゲームのフリッカーを改善することはできません。

Palette(パレット) – このオプションでは、内蔵パレットまたは SD カードからカスタムパレットを選択することができます。ファミコンのパレットは、RGB 値を変換するのではなく、NTSC と PAL の色相を直接生成するため、真のファミコンパレットは存在しません。.palファイルのサイズは192バイトでなければなりません。Nt Mini は、デフォルトで SD カードの \PALETTE ディレクトリを探します。Composite または S-Video を使用している場合は、このオプションは影響を受けません。

■Buffer Mode(バッファモード)
Nt Mini Noirのバッファリングモードは、NESのネイティブNTSCフレームレートが60.0988fps、PALレートが50.0070fpsであるという問題に対応しています。CRTはこれらのフレームレートを簡単に表示することができますが、現代のディスプレイとHDMIインターフェースは60fps、59.94fps、50fpsのいずれかを期待しており、一般的に公式のフレームレートからあまりにも遠く離れて変化するリフレッシュレートには耐性がありません。Nt Mini Noirには、異なる方法でフレームレートの差に対処する3つのモードがあります。

フルバッファリングオプションでは、フルフレームをバッファリングして60.0988または50.0070フレームレートのタイミングを維持し、60または50fpsのみを使用します。このモードでは、レイテンシーを犠牲にしてティアリングを回避します。Nt Mini Noirでは、ゲームの内部レンダリングより1フレーム以上先にレンダリングする必要があります。

この方法ではレイテンシーのペナルティはありませんが、この方法では、同じソフトウェアを実行しているオリジナルのNES/ファミコンと比較して、10分ごとに約1秒ずつNt Mini Noirが遅れてしまいます。

最後に、Single Bufferオプションは、上記のふたつの方法の妥協点です。Full Bufferオプションと同様に、正しいタイミングがNt Mini Noir内で生成されます。

フルバッファとは異なり、次のフレームの一部のみがプリレンダリングされ、プレイヤーが入力をアクティブにした時に応じて1フレーム以下のレイテンシが得られます。欠点は、数秒に一度の割合で再トレースラインが表示されることです。

Enable DVI Mode(DVIモードを有効にする) – このオプションは、Nt Mini NoirがDVI規格のみをサポートするディスプレイに接続することを可能にします。DVIは、HDMIのようにオーディオやその他のデータを伝送しません。HDMIが提供する余分なデータは、多くのDVIのみのモニターでNt Mini Noirのビデオの表示に失敗する原因となります。このオプションを使用する場合は、RCAまたはヘッドセットジャックからオーディオを取る必要があります。

■Dual Output Support(デュアル出力対応)
Nt Mini Noirは、HDMI端子とアナログビデオ端子による同時出力に対応しています。

ゼロディレイとアナログビデオ出力は互換性がありません。HDMIがフルまたはシングルバッファモードの場合、アナログビデオはネイティブのNES/ファミコン NTSCまたはPALのリフレッシュレートで動作し、アナログビデオよりもラグが発生することはありません。Zero Delayが有効になっている場合、HDMIディスプレイ上で別のオプションに切り替わるまで、Nt Mini Noirは警告メッセージを表示します。 Nt Mini Noirはデュアルアナログ出力のAnalogueDACをサポートしています。Nt Mini NoirのUSBポートまたは外部電源アダプタを使用して、AnalogueDACに電源を供給することができます。AnalogueDACを接続すると、ゼロディレイモードがフルバッファモードになります。

■ファミコンディスクシステムとの互換性
ゼロディレイモードのサイクルステイリングの性質により、ファミコンディスクシステムは独自のクロックで動作し、設計者が同一であると予想していたファミコンの内部クロックと同期させなければならないため、Nt Mini Noirでは正常に動作しない可能性があります。FullとSingle Bufferモードは、オリジナルのクロック信号をカートリッジポートに送信しますが、Zero Delayは送信できません。その結果、一部のファミコンディスクシステムはゼロディレイモードでは動作しません。バッファモードをゼロディレイからフルバッファまたはシングルバッファに変更すると、この問題は解決するはずです。

■カラー
RGB範囲の制限は、24bit RGBをネイティブに扱えないディスプレイに対応するために、色の出力範囲を調整するものです。テレビのような液晶ディスプレイの多くは、赤、緑、青の3原色ごとにRGBのフルレンジを表示しません。各原色は8ビットの値で表され、各原色で256レベルの色が得られます。フルRGBディスプレイは、各色の原色に対して0~255の値を受け付けます。

ディスプレイが対応している場合は、フルRGBを使用する必要があります。限定RGBオプションをオンにして、黒がダークグレーに変わるのが見えた場合は、このオプションを使用しないでください。黒が黒のままであれば、このオプションをオンにしたままにしてください。

The Lock Gamma Sliders Together optionは、赤、緑、青のガンマを個別に設定する機能を無効にします。

赤、緑、青のスライダーは1.00~1.99の間で0.01刻みで設定できます。スライダをスキャンラインなしで1.20に、スキャンラインありで1.40に設定すると、CRTのガンマに近くなるかもしれません。

■アドバンスドモード
このオプションを有効にすると、クロップ、追加機能、バッファモード、カラー、DAC RGB モードのオプションがビデオサブメニューに追加され、簡略化された画面サイズのオプションが幅と高さのオプションに変わります。高度なモードオプションを使用しているときに選択したオプションは、「簡易化されたメニュー」 が選択されている場合にも有効になります。

■オーディオ設定
NESのオーディオプロセッシングユニット(APU)は、パルス波ふたつ、三角波ひとつ、ノイズチャンネルひとつ、DPCMチャンネルひとつの計5つのチャンネルのオーディオを提供していました。

一部のファミコンゲームやファミコンディスクシステムでは、追加のオーディオチャンネルを追加して、APUのオーディオとミックスすることができます。

ヘッドフォン音量 – ヘッドセットジャックからの音量を設定します。

ハイインピーダンスヘッドホン – スタッズヘッドホンを使用している場合は、このオプションを選択すると、Nt Mini Noirがそれらのヘッドホンを駆動するために必要な電力を提供しようとします。イヤホンや一般的に低インピーダンスのコンピュータ/ゲーム用ヘッドセットを使用している場合は、このオプションをオフにしてください。ヘッドフォンのインピーダンスが 50 オーム以上の場合は、このオプションを選択します。30 オーム未満の場合は、チェックを外したままにしておきます。

30 オームから 50 オームの間で、どの設定が最適かを確認してください。この項目がチェックされていると、オーディオのラウドネスが増加していることに気づくでしょう。

あなたに最適です。この項目をチェックすると、オーディオの音量が大きくなります。

Use Headset Volume Buttons(ヘッドセットの音量ボタンを使用) – ヘッドセットのボタンを使って音量をコントロールできます。

チャンネルレベル – これらのスライダを使って、各内部のNES APUチャンネルとシミュレートされた拡張オーディオAPUの相対的な音量レベルを設定することができます。NESの5つの内部チャンネルは、Square 1、Square 2、Triangle、Noise、DPCMと指定されています。

「ファミコン拡張音源」(VRC6、MMC5、各3チャンネル)は、チャンネルを個別に設定できるものもあれば、一部(VRC7、AとBに分割された6チャンネル)、1チャンネルのみのものもあります(ファミコンディスクシステム)。AY38910(SUNSOFT 5B:『ギミック!』で使用)は3チャンネルを搭載していますが、Nt Miniでは各チャンネルの音量を個別に設定することはできません。N163は最大8チャンネルのものもありますが、チップは各チャンネルを順次再生するように設計されており、その機能の一部はボリュームコントロールで維持されています。

Channel Panning(チャンネルパンニング) – NESやファミコンのオーディオはすべてモノラルで聴くことを想定していましたが、NESでは、ふたつのパルス波チャンネルをひとつの出力に、トライアングル、ノイズ、DPCMチャンネルを別の出力に分割するように変更することができます。Nt Mini Noirのパンニングオプションは、オリジナルのハードウェアでは不可能だったステレオサウンドのコントロールを可能にしました。中央の設定では、中央の出力が得られます。

-3db Output Cut – 一部のモニター内蔵スピーカーやサウンドバーでは、フルボリュームの信号がクリップしたり、認識できない場合があります。このオプションは、音量を下げてピークを最大値(0db)以下に抑えることができます。音が聞こえない場合や、Nt Mini Noirからクリップ音が聞こえる場合は、このオプションを有効にしてみてください。

Enable Cartridge Audio – このオプションを有効にすると、Nt Mini Noirの代わりにカートリッジに内蔵されているオーディオ処理ユニットを使用することができます。

Swap Left & Right – このオプションはステレオを反転させます。

■Advanced Filter Settings(高度なフィルタ設定)
ローパスフィルタを使用 – シミュレートされたオーディオ出力にローパスフィルタを適用することができます。

オーディオの高周波数成分を減衰させるために使用することができます。スライダでは、カットオフ周波数を 100-20000Hz の間で 100Hz ステップで指定できます。低すぎると、音が消音されてしまいます。

ローパスフィルターは256次のローパスなので、設定した周波数以上のオーディオをカットオフ周波数で鋭く減衰させます。

ディスクシステムと N163 はデフォルトでフィルタを使用するようになっていますが、ディスクシステムにはローパスフィルタがあり、N163 オーディオを使用している特定のゲーム(エリカと悟の夢冒険、キングオブキングス、ナムコクラシック II、三国志:中元の覇者、三国志 II:覇王の大陸、妖怪道中記)にはミキシングパスにフィルタが含まれていたからです。

Rolloff Rate – ロールオフレートは、10年間での音量のdbの減少を表す数字で与えられます。初期値は 28db/decade です。結果として、意図した音とはかなり異なる音になる可能性があります。

Audio Toys – スクエア1-2とトライアングルTIAの機能は、オーディオ出力にアタリ2600のような品質を与えます。2600のTIAは様々な形の音を出すことができましたが、音質は一般的に非常に粗いものでした。音楽は2600との同調を得ることは困難であった。これらのオプションを使用すると、Nt Mini Noirのいくつかのそれらの同じ過酷な、電子的な品質を与えることができます。

Microphone Sensitivity(マイク感度) – このオプションは、Nt Mini Noir のヘッドセットジャックで実装されているファミコン Ⅱコン2 のマイクの感度を調整します。日本版の『ゼルダの伝説』やファミコンディスクシステムの『光神話 パルテナの鏡』は、欧米の視聴者がマイクを使用することで最もよく知られているタイトルです。

Expansion Chips(拡張チップ) – 「ファミコン拡張音源」を使用するカートリッジの拡張オーディオチップの再生を可能にします。Nt Miniのオーディオチップの再生を聞きたい場合は、カートリッジを使用する際に適切なオプションを選択する必要があります。「ファミコン拡張音源」対応ゲームの一覧はこちらをご覧ください。

『悪魔城伝説』はVRC6、『魍魎戦記MADARA』と『エスパードリーム2 新たなる戦い』はVRC6に加えてVRC6スワップを使用しています。ジャレコやバンダイのスピーチチップゲーム(『燃えろ!!プロ野球』など)の拡張音声を聞きたい場合は、オリジナルのカートリッジを使用する必要があります。これらは、Nt Mini Noirの本体には実装されていません。

■メニューオプション
スキン – 選択された地域に適したカートリッジグラフィックとハイライトカラーを使用します。

ハイライトスタイル – 現在のメニューオプションを示すために使用します。

ハイライトカラー – 現在のメニューオプションの色を決定するために使用します。

Alternate Font は、デフォルトのフォントの代わりに太くて標準的な 8×8 フォントを使用します。

ユーザーが読み込んだフォントでは、Nt Mini Noirに付属しているフォントの代わりに自分のフォントを選択することができます。フォントを読み込むオプションを選択すると、ファイルブラウザが表示されます。SDカードのルートにFONTというディレクトリがある場合、デフォルトではそのディレクトリにフォントファイルが読み込まれます。フォントは8×8のテキストボックスを使用し、1ピクセルあたり1ビットのバイナリ形式で表現する必要があります。この形式で表現するには、各文字が8バイト必要です。フ ァ イ ルのサイズは 768 バ イ ト または 1024 バ イ ト で、 拡張子は .fnt を使用す る 必要があ り ます。ファイル内の文字は、ASCII 20(スペース)で始まり、ASCII 7F(削除)で終わる必要があります。1024バイトのフォントファイルは、そのファイルの最初の256バイトに格納されている最初の32文字は表示されません。

Menu Bounce – メニューが瞬時に表示されるのではなく、ドロップダウンします。
メニューのゲームを暗くする – ゲームが暗くなります。

メニューがアクティブになると、メニューオプションが見やすくなりますが、ビデオパラメータを変更したときの効果が見にくくなります。

Dim Game in Menu – メニューがアクティブなときにゲームが暗くなり、メニューオプションが見やすくなりますが、ビデオパラメータを変更したときの効果が見にくくなります。

■コントロールとホットキー
Reset Hotkey(リセットホットキー) – このオプションのためにコントローラボタンと方向キーの組み合わせを使用することができます。

上と下、または左と右の方向キーを同時に使用することはできません。
メニューホットキー – このオプションでは、コントローラボタンとディレク タルのほぼすべての組み合わせを使用できます。上下方向、左右方向を同時に使用することはできません。

■4人プレイヤー設定
これらのオプションは、Nt Mini Noir のコントローラポート3と4がどのように機能するかを決定します。

Standard Controllers(標準コントローラ) – コントローラポート3と4は機能しません。

Four Score – 北米とヨーロッパで発売された4人用ゲームをサポートするファミコンのFour Score/Satelliteに必要です。

Fami Four Player – ファミコンのコントローラーをファミコン拡張ポートの代わりにコントローラーポート3&4に差し込んだファミコンコントローラーを使用して、ファミコンの3人用、4人用のゲームをプレイすることができます。日本国内でのみ発売されたゲームに対応しています。

ファミコンとファミコンの4人用ゲームは、3人用と4人用のコントローラの入力を読み取るために互換性のない方法を使用しており、お互いに互換性がありません。ふたり以上のプレイヤーでゲームをプレイする場合を除き、どちらの 4 プレイヤーオプションも設定する必要はありません。

光線銃はコントローラポート1と2でのみ使用できます。

Disable Hotkeys – ホットキーの偶発的なトリガーを排除したい場合は、このオプションを使用することができますが、コンソールの電源を切ることなくメニューに戻ることはできません。このオプションの状態は、設定を保存しても保存されません。

Passthrough Mode – 通常とは異なる周辺機器に問題がある場合や、Nt Mini Noir コントローラの互換性処理をすべて無効にして、その処理に必要なわずかなレイテンシを排除したい場合は、このモードを有効にしてください。このモードから抜け出し、再びメニューにアクセスできるようにするには、電源ボタンを素早く2回タップ(リセット)する必要があります。

このオプションの状態は、設定を保存しても保存されません。

■起動オプション
Boot Sequence Delay – このスライダは、画面がアクティブになるまでの遅延時間を決定します。LCD の中には、HDMI インターフェースから得られる情報をすぐに処理できないものがあるので、画像が表示されない場合は、ディスプレイが画像パラメータを設定する時間を与えるために少し遅延を加えるとよいでしょう。

Title → Menu – 起動シーケンスを表示した後、ルートメニューで直接起動します。

Title → Cartridges – 起動シーケンスを表示した後、Nt Mini Noir に挿入されたカートリッジを起動します。

Menu Direct – 起動シーケンスを表示せずに、ルートメニューで直接起動します。

Cartridge Direct – Nt Mini Noirに挿入されたカートリッジを、起動シーケンスを表示せずに起動します。

■ハードウェア
USA – 北米、日本、台湾、韓国で発売されたゲームに使用 PAL地域 – 西ヨーロッパ、オーストラリア、香港で発売されたゲームに使用 Dendy – DendyのPAL動作を再現するために使用 これらの設定は、各地域で機能するようにPPUとAPUの機能を変更します。

USAでは、2A03 APUと2C02 PPUをシミュレートします。

PAL Regionsは、PAL NESの公式コンソールに搭載されている2A07 APUと2C07 PPUをシミュレートします。Dendy は、ロシアや東欧で人気のあった Dendy コンソールに見られる PAL UA6527P APU と UA6538 PPU クローンチップの動作をシミュレートします。

DendyのオプションはPALの速度を使用しますが、公式のPAL APUとPPUよりもNTSCのゲームとの互換性があります。

■SDカードの速度
このオプションは、ファイルをロードするための3つの速度設定を介してファイルブラウザでSDカードにアクセスすることができます。通常速度、高速、高速。

あなたのSDカードが本当に遅い場合を除き、あなたは高速でOKでなければなりません。あなたが問題を抱えている場合は、ファイルをロードする速度を下げる必要があります。

Fill RAM Options – これらのオプションでは、ゲーム開始時のRAMの初期値を設定することができます。オリジナルのゲーム機のRAMはシステムによって設定されたり、クリアされたりするものではなく、システムによって異なる擬似乱数値を使用しています。「ファイナルファンタジー」のようなゲームの中には、乱数生成機能のためにこのランダム性を利用しているものがあります。Huge Insectのようなゲームでは、プログラミングの見落としによりRAMが0やFFに設定されていないと、グリッチタイルが表示されることがあります。

3.6VカートリッジIO – デフォルトでは、Nt Mini Noirは5V IO信号を使用してカートリッジと通信します。これは、NESやファミコンの寿命の間にリリースされたカートリッジに最適です。しかし、最近のいくつかの自作ゲームやマルチカートリッジは、ロジックレベルコンバータなしで3.3Vフラッシュチップを使用しています。

これらのフラッシュチップは、その電圧またはそれに近い電圧でロジックレベルを使用するコンソールで最適に動作します。そのようなカートリッジで問題がある場合は、このオプションにチェックを入れてみてください。公式カートリッジやビンテージカートリッジを使用する場合は、このオプションをチェックしないようにしてください。

Dendy mode – Nt Mini NoirでAnalogueDACを使用する場合、DACのNTSC/PALスイッチが出力モードを決定します。スイッチのポジションはふたつしかないため、このオプションを使用すると、Nt Mini NoirはAnalogueDACに公式のPALタイミングの代わりにデンディタイミングを使用するように指示することができます。

■LEDオプション
これらのオプションは、Nt Mini Noir の RGB LED で表示される色をコントロールします。

Standby Color – LEDの色はデフォルトでは白一色ですが、スタンバイカラー調整スライダーで自由に調整できます。

Center Pixel – LEDの色はスクリーンの中心のピクセルの色になります。このオプションを選択した場合、中央のピクセルが黒であるため、メニューを起動したときにシステムの電源が入ったときにLEDの色が表示されないことがあります。

K-Pro Rainbow – LED Colorは虹の中を循環します。

Load Custom Pattern – SDカードに含まれるカスタムパターンをロードします。ファイルブラウザが表示されます。パターンファイルのサイズは 768 バイトです。

Adjust Pattern – 前のメニューで選択したパターンのアニメーション速度と位置を調整することができます。

Animate Pattern – アニメーションを無効にし、無効にした場合、LEDは最後に表示された色に設定されたままになります。アニメーション速度を 0 に設定するのと同じです。

Animate Speed – LED の色が変化する速度を決定します。パターン位置 – パターン内で現在表示されている色を決定します。各パターンは 256 の RGB 値で構成されています。

LED Brightness – スライダーでLEDの明るさを決定します。

■保存/クリアの設定
Save Settings – メニュー設定をNt Mini Noirの内蔵フラッシュメモリに保存します。

Restore Factory Defaults – 工場出荷時の設定を復元します。

■コアオプション
Disable Square Reload – これは、精度の低いエミュレータを使用して作成された特定のNSFファイルに依存する機能です。これらのNSFファイルをプレイしていないときはチェックを外しておくと、不正確な音声が発生する可能性があるので注意が必要です。スーパーマリオブラザーズでは、レベルの終わりに旗竿に触れたときにスコアがカウントダウンされ、Disable Square Reload 機能が有効になっていると、意図した振動音ではなく、一定の音が聞こえます。

Disable Looped Noise – このオプションを使用すると、Nt Mini Noirは初期のファミコンのような音を出すことができます。このオプションを有効にすると、「Mega Man (Fire Man のステージ) 」や 「Mega Man 2 (Quick Man のステージ) 」の電気音がホワイトノイズのように聞こえますが、「Balloon Fight」のゲームオーバーの音楽の最後の音がより本格的に聞こえるようになるかもしれません。

ツール

■NSFプレーヤー
挿入したSDカードに入っているNSF(Nintendo Sound Format)ファイルを再生するためのファイルブラウザを起動します。

NSFを選択すると、NSFプレーヤーアプリケーションがNSFファイル内の曲を再生します。NSFファイルには、ファミコンの音楽や効果音を生成するために必要なAPUのレジスタデータが含まれています。NSF v1.0ファイルのみ完全にサポートされています。プレーヤーから離れたり、別のファイルを再生したい場合は、ファイルブラウザのメニューを表示させ、アプリケーションが消えるまで戻るボタンを押し続けてください。

■チートコード
Enable Checked Codes – コードを個別に有効にしたり無効にしたりします。標準的なGame Genieのコードを6つまで入力できます(コード#1~#6)。コードは、Dパッドをボックスに移動し、Aボタンを押して数字と文字を進めて入力します。A-Zと0-9からのみ進むことができ、後ろには進みません。

こんなに良いことはない
アナログです。


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。