機能そのままに小っちゃくなって収まりが良くなった『EverDrive-GBA X5 Mini』をレビュー【俺的最強のレトロゲーム環境をつくる:ゲームボーイアドバンス編】

機能そのままに小っちゃくなって収まりが良くなった『EverDrive-GBA X5 Mini』をレビュー【俺的最強のレトロゲーム環境をつくる:ゲームボーイアドバンス編】

かなり前に注文していた、ゲームボーイアドバンス用のマルチカートリッジ『EverDrive-GBA X5 Mini』が、ようやく到着しました。いや、注文したのは5月29日で発送されたのが6月1日。その後、6月4日に海外を出発してからま~ったく音沙汰なし。業を煮やしてEverDrive.meに連絡したところ帰ってきたメッセージが

「こんにちは、covid 19の制限による通常の状態です。現在、日本は約30~45日です。
アイテムは交換局の外で処理され、すでに仕向国に輸送中です」
というもの。

なんだって! 今ウクライナから荷物注文すると1ヵ月から1ヵ月半かかるってこと~!?

というわけで、がっつりひと月かかり7月5日にようやく配達が完了しています。これが平時なら2週間ぐらいで届いたんですけどね~。

機能そのままに小っちゃくなって収まりが良くなった『EverDrive-GBA X5 Mini』をレビュー【俺的最強のレトロゲーム環境をつくる:ゲームボーイアドバンス編】
機能そのままに小っちゃくなって収まりが良くなった『EverDrive-GBA X5 Mini』をレビュー【俺的最強のレトロゲーム環境をつくる:ゲームボーイアドバンス編】
▲いつものパッケージで到着。今回複数種類注文しましたが、ものによって箱のサイズも異なります。

内容は『EverDrive-GBA X5』とほぼ同じ

さてこの『EverDrive-GBA X5 Mini』ですが、基本的には以前販売されていた『EverDrive-GBA X5』ものと内容は同じです。前モデルは若干サイズが大きく、ゲームボーイアドバンスに差し込むとカセットが飛び出てしまっていました。そこをコンパクトに収めたのが『EverDrive-GBA X5 Mini』というわけですね。

ちなみにEverDriveは、X3、X5、X7、Proといった感じで、グレードを分けることで利用出来る機能が変わります。現在ゲームボーイアドバンス用に売られているのはこの『EverDrive-GBA X5 Mini』だけなので、迷うことはないでしょう。

機能そのままに小っちゃくなって収まりが良くなった『EverDrive-GBA X5 Mini』をレビュー【俺的最強のレトロゲーム環境をつくる:ゲームボーイアドバンス編】
▲左が『EverDrive-GBA X5 Mini』で右が前モデルの『EverDrive-GBA X5』。

・すべてのセーブタイプをサポートしており、ROMパッチは必要ありません
・高速ロード(ほとんどのゲームは1~2秒以内にロードされます)
・256Mbit PSRAM(32MByte)ROMメモリ
・1Mbit SRAM(128KByte)セーブメモリ
・リアルタイムクロックのサポート
・低消費電力
・マイクロSDカードに対応しています。最大64GBまでのmicroSDカードでテスト済み
・FAT32 サポート
・ゲームキューブプレーヤー、スーパーレトロアドバンスアダプターの一部のリビジョン、その他GBAのアクセサリーをサポート
・ファミコン、GB、GBCのROM形式をサポートしています(エミュレーションモード)

▲背面もかっこいい!
機能そのままに小っちゃくなって収まりが良くなった『EverDrive-GBA X5 Mini』をレビュー【俺的最強のレトロゲーム環境をつくる:ゲームボーイアドバンス編】
▲64GBまでのmicroSDが使用可能。ゲームボーイアドバンスだけなら、そんなに容量はいらないかもしれません。
機能そのままに小っちゃくなって収まりが良くなった『EverDrive-GBA X5 Mini』をレビュー【俺的最強のレトロゲーム環境をつくる:ゲームボーイアドバンス編】
▲もちろん、ゲームボーイアドバンスに挿してもピッタリ!

まずはOSをダウンロードしてSDカードにセットアップ

EverDriveを素で挿して電源を入れても、エラーメッセージが表示されるだけです。そこで、まず公式サイトから最新のOSを入手する必要があります。基本的には、一番日付が新しいものを選んでダウンロードし、解凍したファイルをSDカードの「GBASYS」というフォルダを作りいれておけばOKです。

機能そのままに小っちゃくなって収まりが良くなった『EverDrive-GBA X5 Mini』をレビュー【俺的最強のレトロゲーム環境をつくる:ゲームボーイアドバンス編】
▲SDカードを入れてないとエラーに。
機能そのままに小っちゃくなって収まりが良くなった『EverDrive-GBA X5 Mini』をレビュー【俺的最強のレトロゲーム環境をつくる:ゲームボーイアドバンス編】
▲一番下にあるのが最新のOS。

ちなみに『EverDrive-GBA X5 Mini』では、ファミコン(NES)とゲームボーイ&ゲームボーイカラーに対応したエミュレータも使用できます。所詮エミュレータということであまり大きな期待はできませんが、それでもそこそこ普通に遊べるので、入れておくと便利でしょう。

下記のサイトにアクセスして『PocketNES』と『Goomba Color』をダウンロードして、OSと同じ「GBASYS」フォルダの中に入れておきましょう。

●GBA Stuff
https://www.dwedit.org/gba/

機能そのままに小っちゃくなって収まりが良くなった『EverDrive-GBA X5 Mini』をレビュー【俺的最強のレトロゲーム環境をつくる:ゲームボーイアドバンス編】
▲「GBASYS」フォルダの中身。サブディレクトリは自動で作られたもの。
機能そのままに小っちゃくなって収まりが良くなった『EverDrive-GBA X5 Mini』をレビュー【俺的最強のレトロゲーム環境をつくる:ゲームボーイアドバンス編】
▲起動時に表示されるフォルダ。ゲームはわかりやすいように、それぞれの種類ごとにフォルダわけしておくといいでしょう。

『EverDrive-GBA X5 Mini』を入れた状態でゲームボーイアドバンスを起動し、オプションキーを押すとメインメニューが表示されます。「Option」ではAボタンとBボタンの入れ替えが可能。「Device Info」ではシステムの情報を確認することができます。「Diagnostic」を選ぶと、システムのテストを行うことができます。

機能そのままに小っちゃくなって収まりが良くなった『EverDrive-GBA X5 Mini』をレビュー【俺的最強のレトロゲーム環境をつくる:ゲームボーイアドバンス編】

ユニークな機能が、「Start Random Game」という項目。こちらは、インストールされているゲームROMの中から、ランダムでゲームをチョイスして起動してくれるというもの。何のゲームを遊ぶか迷っているときはいいかもしれませんね。

機能そのままに小っちゃくなって収まりが良くなった『EverDrive-GBA X5 Mini』をレビュー【俺的最強のレトロゲーム環境をつくる:ゲームボーイアドバンス編】

おまけ機能のエミュレータは、まずまずといったところ。テキストもしっかり読み取ることができるので、割と普通に遊べちゃうのではないでしょうか。

機能そのままに小っちゃくなって収まりが良くなった『EverDrive-GBA X5 Mini』をレビュー【俺的最強のレトロゲーム環境をつくる:ゲームボーイアドバンス編】
機能そのままに小っちゃくなって収まりが良くなった『EverDrive-GBA X5 Mini』をレビュー【俺的最強のレトロゲーム環境をつくる:ゲームボーイアドバンス編】

思いのほか相性が良かったゲームキューブのゲームボーイプレーヤー

ゲームキューブのオプションである『ゲームボーイプレーヤー』にも対応していると書かれていたので、早速試してみることに。プログレッシブモードで起動したのですが、ファミコンの『スーパーマリオブラザーズ』など、動きが激しいゲームでは若干表示が乱れるところがあるものの、動作としてはまずまずといったところでした。もちろん、通常のゲームボーイアドバンスのソフトは問題なくプレイすることができます。

機能そのままに小っちゃくなって収まりが良くなった『EverDrive-GBA X5 Mini』をレビュー【俺的最強のレトロゲーム環境をつくる:ゲームボーイアドバンス編】

それよりもなによりも、便利に感じたのがZボタンでメニューを呼び出してカートリッジの交換が行えるところ。実際にはリセットされて、EverDriveのルート画面が表示されるのですが、これによりゲームを簡単に切り替えることができます。

実はこの『EverDrive-GBA X5 Mini』には、ゲーム内メニューがありません。そのため、セーブステートやゲームを中断して他のROMに切り替えると言うことはできないようになっています。このあたりは、もしかしたら上位版が出た時に導入される機能に含まれているのかもしれません。

機能そのままに小っちゃくなって収まりが良くなった『EverDrive-GBA X5 Mini』をレビュー【俺的最強のレトロゲーム環境をつくる:ゲームボーイアドバンス編】

RTCにも対応しており、『ポケモン』などのゲームも問題なくプレイが可能です。現状日本からの注文は届くまでかなり時間は掛かりますが、99ドルというお手頃な値段のためひとつ持っておくと便利なアイテムです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。