MiSTerのPCエンジン/ Turbo Grafx-16コアでCD-ROMをサポート

MiSTerのPCエンジン/ Turbo Grafx-16コアでCD-ROMをサポート

Sorgは、PCエンジン/ Turbo Grafx-16 CDのサポートをMiSTerプロジェクトに追加しました。こちらの詳細については、GitHubページで確認することができます。

https://github.com/MiSTer-devel/TurboGrafx16_MiSTer

主な変更点

・CD-ROM対応、CPUとVDCモジュールを完全に書き換え、srg320によるサイクル精度を実現
・アーケードカードモジュール。ゲームによっては有効にする必要があります。他のゲームではアーケードカードの動作が異なるものもあります
・SNACの暫定サポート(Kitrinx、dshadoff)。
・マウスのサポート。
・多くの修正と微調整

インストールは非常に簡単。

・メインの更新スクリプトを使用してMiSTerを更新。
・「TGFX16-CD」と呼ばれる「ゲーム」の下にフォルダを作成。
・作成したフォルダーのルートにBIOSファイルを置き、「cd_bios.rom」という名前を付けます。Super CD-ROM System v3.0 BIOSを使用することをお勧めします。
・各ゲームのサブフォルダーを作成。
・BIN / CUE形式のCD-ROMイメージをそれぞれ独自のフォルダーにコピーします。
・再起動。
・通常HUCardを起動するのと同じTurboGrafx16コアを起動します。
・メニューを開き、「Insert CD *.CUE」を選択します

今回の変更により、アーケードカードを切り替えたり、「高速」CDシークモードを有効にすることができるようになりました。ロード時間を短縮するためにこれをオンのままにして、問題がある場合のみオフにするといいでしょう。

MiSTerのPCエンジン/ Turbo Grafx-16コアでCD-ROMをサポート

Via.RetroRGB


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。