【修正版】120万ドルのオーファーを蹴って行われた『任天堂プレイステーション』のオークション。最終的には36万ドルで落札になった模様

120万ドルのオーファーを蹴って行われた幻の任天堂プレイステーションのオークション最終的にはたったの36万ドルで落札になった模様

2020年2月13日より開始された、幻の任天堂プレイステーションのオークションですが、日本時間の3月7日1:49分に終了。途中で値段の上下はありましたが、最終的な落札価格は28万ドル(約3000万円)36万ドルとなったようです。

昨年所有者が120万ドルのオファーを断ったことでも話題となった幻のゲーム機。Oculus創業者のパルマー・ラッキー氏も入札に名乗りを上げていましたが、はたして最終的に誰の手に渡ったのか気になることろ。

昨晩リアルタイムでオークションをウォッチして、時間終了とともに記事をアップしたものの、なぜか終了のアナウンスがありませんでした。朝方に確認したところオークション自体は終了に。カウントダウンが終わった時点でサイトの表記では28万ドルになっていましたが、海外のオークションの仕組み的に(サイト以外の注文など?)、ややラグがあって情報が更新されたのかもしれません。

※ちなみに元のオークションページには最終的な金額は掲載されておらず。

それにしても、ゲームの歴史的にも貴重な資料とも言えるので、できれば博物館のようなところで展示して欲しい感じもしますね。あと、売り手は昨年の120万ドルの1/4ほどの値段しか付かなかったことに、さぞかしがっかりしていることでしょう。

2020年3月9日追記:落札者は Pets.comの創設者であるGreg McLemore氏であることが、フォーブスの取材で分かりました。彼は「Museum of the Game」の運営も行っているそうです。長年にわたりコレクションしたものでビデオミュージアムを作るアイデアもあるのだとか。ちなみに、 Greg McLemore氏は、以前にもこのシステムを購入しようとしたことがあり、全所有者に10万ドルを渡したそうです。このあたりのニュアンスがよくわかりにくいですが、どのようなお金でどのような使われ方をしたんでしょうね!?

●オークションページNintendo Play Station Super NES CD-ROM Prototype – Sony and | Lot #93060 | Heritage Auctions

幻の任天堂プレイステーションのオークションがスタート。現在の価格は26万ドル
幻の任天堂プレイステーションのオークションがスタート。現在の価格は26万ドル
幻の任天堂プレイステーションのオークションがスタート。現在の価格は26万ドル

画像

幻の任天堂プレイステーションのオークションがスタート。現在の価格は26万ドル


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。