【ファミコンの裏技】ツインビー

【ファミコンの裏技】ツインビー

アーケードで初めて見たときは、なんてポップな作品が出てきたんだろうと感動した記憶のある、コナミの縦スクロールシューティングゲーム『ツインビー』。1986年1月4日ファミコンの移植版も発売され、当時一生懸命遊んだ記憶があります。

シューティングゲームって難しいんですが、それでも遊んでしまうんですよね~。しかし、慣れていないうちは残機3からのスタートは辛いということで、こちらでは10機からスタートできる裏技をご紹介したいと思います。

【ファミコンの裏技】ツインビー
▲ 雲から出てくる鈴を撃って色を変え、パワーアップしていくというのが斬新だった『ツインビー』。

残機10からスタート

やり方はとっても簡単。タイトル画面でコントローラーIの上と右、Aボタンを同時に押した状態でスタートし、ゲームが始まるまでそのままにしておくだけ。とくになんのアナウンスも出ませんが、残機が増えています。1面のボスを倒した後に残機が表示されるので、そちらで確認してみましょう!

【ファミコンの裏技】ツインビー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。