UltraFP64氏が新たなAnalogue Pocket用コアとしてアーケードゲームの『スター・ウォーズ』を開発中

UltraFP64氏が新たなAnalogue Pocket用コアとしてアーケードゲームの『スター・ウォーズ』を開発中

UltraFP64氏が、Analogue PocketのopenFPGA用の新たなコアとして1983年にATARIからリリースされたアーケードゲーム『スター・ウォーズ』を開発中であることをあかしました。

この『スター・ウォーズ』は、ベクターボード、サウンド、数学ロジックを備えたCPUの3つのボードから構成されています。現在はレンダリングの最適化をおこなっており、当面の間はレンダリングと制御インターフェイスを高速化している間に、通常の出力の半分である512×512でのみ動作。その後、蛍光体側に取り込んで、720×720で動作するようにする予定とのこと。