Steam Deckの総合エミュレーターツール『RetroDECK』がv0.6.3bにアップデート

Steam Deckの総合エミュレーターツール『RetroDECK』がv0.6.3bにアップデート

『Emu Deck』のようにエミュレーターをバラバラにインストールするのではなく、ひとつのアプリ内でまとめて管理することができるSteam Deck用の総合エミュレーターツールの『RetroDECK』が、v0.6.3bにアップデートしました。

今回のアップデートでは、CLI経由の複数ファイルのサポートが追加されています。ちなみにGithubのページを見ると、次回のバージョンはv0.7.0bとなるようですね。

●『RetroDECK』のパッチノート
https://github.com/XargonWan/RetroDECK/wiki/Version-history:-Patch-Notes

新機能:一般

CLI による複数ファイル圧縮のサポートが追加されました

RetroDECK コンフィギュレーター

  • Configurator での複数ファイル圧縮のサポートが追加されました
  • リセット機能に安全 y/n プロンプトを追加しました
  • 欠落しているレイアウトの変更を修正しました
  • 「Reset All」を「Reset RetroDECK」に名称変更
  • さらなる機能強化のために、コンフィギュレーターを RO パーティションに移動しました

バグ修正とその他の変更

  • スペースを含む特定のファイル名での圧縮ツールのバグを修正しました
  • 一部のフォルダーが再帰的にシンボリック リンクされるバグを修正しました
  • 一部のエミュレータ構成が正しく展開されなかったバグを修正しました
  • 特定のシナリオで Dolphin と Primehack の間で競合を引き起こしたマニフェストのバグを修正しました
  • Configurator BIOS ツールが間違った場所を参照する問題を修正しました (報告してくれた sofauxboho に感謝します!)
  • Yuzu と Citra の新しい構成を実装しました。これは、両方のエミュレーターの最新のエミュレーター アップデートで構成ファイルが大幅に変更されたためです
  • Legacy PCSX2 からいくつかの残りのファイルを削除しました
  • 従来の「ツールのリセット」コマンドをコンフィギュレーターと CLI から削除しました

via.Reddit