WiiUエミュレーター『Cemu 2.0』がリリース。開発用のオープンソースモデルに移行

WiiUエミュレーター『Cemu 2.0』がリリース。開発用のオープンソースモデルに移行

WiiUエミュレーター『Cemu 2.0』がリリースされました。

●Cemu 2.0のダウンロードはこちら
https://github.com/cemu-project/Cemu/releases/tag/v2.0

変更ログ

■メジャー

  • Cemuがオープンソースになりました!
  • Linuxの予備ビルドが利用可能ですが、まだ非常に荒削りであることに注意してください。
  • 今後、短いバージョン番号 (2.0, 2.1, 2.2, 2.3…) を使用して、バージョン管理を少し簡素化しました。
  • すべての依存関係を更新しました。特に SDL (入力とモーション) と wxWidgets (UI) がそうです。

■その他の変更

  • H264 ビデオデコーダーのクラッシュを修正しました。スマッシュのタイトル画面でのクラッシュを解消。
  • nsysnet のクラッシュの発生を少し抑えました。Call of Duty: Black Ops II のクラッシュを修正しました。
  • 非常に特殊な状況下で発生する可能性のあるロギング関連のクラッシュを修正。タイトル画面で2分間アイドル状態にした場合、Wind Wakerで発生することがあります。
  • Cemu.exeへのパスにUnicode文字が含まれている場合に発生する可能性のあるクラッシュを修正。
  • .elfの自作ソフトをロードする際に起こる可能性のあるクラッシュを修正しました。
  • タイトルマネージャーセーブエクスポーターのアカウントリストが空でなくなりました。
  • wiimoteのレイテンシーを少し改善しました。
  • デバッガにシンボル/ファンクションリストを追加、その他デバッガ/アセンブラの小さな改良。
  • APIを実装しました: coreinit.FSOpenFileExAsync (いくつかの自作ソフトウェアで使用されています)。
  • その他多くの変更と修正。
  • 停止と再起動のエミュレーション機能に向けて、さらにいくつかの作業を行いました。まだ準備できていませんが、少しずつ進めています。

via.Reddit


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。