ディスプレイのラグをテストできるMiSTer FPGA用の『MiSTer Laggy』がリリース

ディスプレイのラグをテストできるMiSTer FPGA用の『MiSTer Laggy』がリリース

MiSTer FPGA上で動作する、ディスプレイのラグテスター『MiSTer Laggy』がリリースされました。こちらはMiSTer FPGAのDE-10 nanoボード上で実行されるコアと、MiSTer FPGAのユーザーポートに接続する光センサーで構成されるシステムとなっています。

ディスプレイのラグをテストできるMiSTer FPGA用の『MiSTer Laggy』がリリース

原理的には同じくディスプレイのラグをチェックできる『Time Sleuth』と同じで、既存のプラットフォームを活用してビデオ信号を生成し、測定値をキャプチャーすることができます。

●MiSTer Laggy
https://github.com/mister-devel/MiSTerLaggy_MiSTer

ディスプレイのラグをテストできるMiSTer FPGA用の『MiSTer Laggy』がリリース

MiSTer FPGAがあれば、あとは光センサー部分のハードがあれば実現できますが、こちらは非常にシンプルな構成になっています。ユーザーポートとのインターフェイスを可能にするためのいくつかのコンポーネントと、トランジスタを備えた小型PCB、3Dプリントされたケースといった感じです。PCB はすべて表面実装コンポーネントで、USB Type-Cで接続できます。

ディスプレイのラグをテストできるMiSTer FPGA用の『MiSTer Laggy』がリリース