Analogue Pocket(アナログポケット)のopenFPGA用カスタムプラットフォームアート (v2.0)が公開。スーパーファミコンの対応や日本版のコアイメージを修正

Analogue Pocket(アナログポケット)のopenFPGA用カスタムプラットフォームアート (v2.0)が公開。スーパーファミコンの対応や日本版のコアイメージを修正

MegaZXretro氏が開発した、Analogue Pocket(アナログポケット)のopenFPGA用カスタムプラットフォームアート (v2.0)が公開されました。こちらは、openFGAのメニューでコアを選ぶときに表示されるグラフィックをカスタマイズするものです。

●カスタムプラットフォームアート
https://github.com/MegaZXretro/Analogue-Pocket-Custom-Platform-Art

今回のアップデートでは、すべての地域のスーパーファミコンコアの画像を追加。日本版のコアイメージとシステムの修正が行われています。たとえばメニューの選択でSNESはスーパーファミコンに、Master SystemはSEGA MARK IIIになるといった感じです。

そのほか、ゲームボーイとNEO GEOのアイコンが更新されるなど、多くの変更があります。

使い方は簡単で、下記より自分の地域のイメージをダウンロードして、ファイルを解凍。「Platforms」をmicroSDカードのルートに上書きするだけです。

●PAL/EU
https://github.com/MegaZXretro/Analogue-Pocket-Custom-Platform-Art/releases/download/v2.0/PAL.-.EU.rar

●米国
https://github.com/MegaZXretro/Analogue-Pocket-Custom-Platform-Art/releases/download/v2.0/USA.rar

●日本
https://github.com/MegaZXretro/Analogue-Pocket-Custom-Platform-Art/releases/download/v2.0/JAPAN.rar


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。