改造不要で使えるセガサターン用光学ドライブエミュレータ『Satiator(セイシエター)』のパッケージサンプルが公開

改造不要で使えるセガサターン用光学ドライブエミュレータ『Satiator(セイシエター)』のパッケージサンプルが公開

Professor Abrasive氏が、セガサターン光学ドライブエミュレータ『Satiator』に関する状況を公開しました。

彼のPatreonページに、「先週、最初の100枚のPCBがカリフォルニアの製造施設に今週実装されました。砲弾が米国に到着し、生産試験システムは準備が整っています」とメッセージを書き込み、どうやら最初の100枚の準備ができた段階まで進んでいるようです。

さらに同氏は、最終的なパッケージデザインも公開。ずいぶんポップなものに仕上がっているようですが、それにしても日本語の読みは「セイシエター」だったんですね!?

今のところ正式な価格は発表されていません。

●Pandemic | Professor Abrasive on Patreon
https://www.patreon.com/posts/pandemic-38781159

Via.RetroRGB


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。