RetroArch 1.11.0がリリース

RetroArch 1.11.0がリリース

レトロゲームエミュレーターのマルチランチャー『RetroArch』の最新バージョンである1.11.0がリリースされました。今回もかなりの改善がおこなわれているようです。

以下、機械翻訳

●RetroArch 1.11.0の詳細はこちら
https://www.libretro.com/index.php/retroarch-1-11-0-release/

RetroArch 1.11.0の変更ログ

  • 3DS: 固有 ID を追加
  • 3DS: 下部メニュー オプションを追加
  • 3DS: bottom_asset ディレクトリのデフォルトを設定
  • 3DS: CONSOLE_LOG が定義された内部カウンターのみを有効にします
  • 3DS: デフォルトの下部フォント値を設定
  • 3DS: CIA インストールの問題を修正
  • 3DS: 最新の libctru をサポート
  • ANDROID: HAVE_ACCESSIBILITY を追加
  • ANDROID: ジンジャーブレッドのサポート
  • ANDROID: タッチパッドのサポート
  • ANDROID: 組み込みの Xperia Play 自動構成プロファイル
  • ANDROID: Android の Feral GameMode を無効にする – Linux でのみ利用可能
  • ANDROID: Android 再接続デバイス用の構成可能な回避策を追加します。
  • ANDROID/FDROID: F-Droid メタデータを Fastlane 形式のレポに追加
  • AUDIO/AUDIO MIXER: スレッドセーフのために不足していたロックを追加
  • AUDIO/AUDIO MIXER: オーディオ ミキサーのメモリ リークを修正 + 冗長な「シングル スレッド」rthreads 実装を削除
  • AUTOSAVE: 自動保存スレッドの終了動作を変更/改善 – 条件変数が通知された場合、ループは最後にもう一度実行されるため、スレッドを停止する前に最終チェック/保存を実行できます。
  • CDROM: asan でキャッチされたメモリ リークを修正 – buf が filestream_read_file に渡される
  • CORE INFO/NETPLAY: netplay が有効な場合、現在のコア情報が runloop_event_init_core で初期化されるようにします
  • CHEEVOS: rcheevos 10.4 へのアップグレード
  • CHEEVOS: hardcore での自動保存状態の作成を許可
  • CHEEVOS: ゲームに実績があるがコアがメモリを公開していない場合、無効なメモリ参照を防止する
  • CHEEVOS: ビデオ ドライバーが初期化解除されたときに達成バッジ テクスチャを解放する
  • CHEEVOS: 実績が読み込まれると、ハードコアの制限が強化されます
  • CHEEVOS/MENU/MATERIALUI: MaterialUI ドライバーにアチーブメント バッジ アイコンを表示する
  • D3D9: D3D9 は 2 つのドライバーに分割されました – D3D9 HLSL (最大限の互換性、シェーダーのサポートはまだありません) と D3D9 Cg (非推奨の Nvidia Cg ランタイム ライブラリに依存)
  • D3D9/HLSL/XMB: XMB 修正
  • D3D9/CG: D3D9 Cg ドライバーを修正
  • D3D11: オーバーレイが表示されない問題を修正
  • D3D11/12: WaitForVBlank でラグを減らす – この単純な追加により、D3D11/12 は入力ラグに関して Vulkan/GLCore に非常に近いものになるようです。
  • D3D11/12: 待機可能なスワップチェーンと最大フレーム遅延オプションを追加
  • D3D11/12: 待機可能なスワップチェーンをオプションにする
  • DATABASE: 再フォーマット ‘rdb_entry_int’ – データベース エントリの微調整: 「Release Date」を大文字にし、整数を使用する Release Date 行から : の前のスペースを削除
  • DATABASE/EXPLORE: [Explore] メニューでオンデマンド サムネイルを許可
  • DATABASE/EXPLORE/MENU/OZONE/XMB/RGUI: Exploreメニューのサムネイル
  • DISC CONTROL: より良いディスク コントロールのアペンド フォーカス
  • DOS/DJGPP: libc バグの回避策を追加
  • AUTOMATIC FRAME DELAY: スローモーションの弾力性を追加
  • AUTOMATIC FRAME DELAY: 統計を開かずに現在の有効な遅延を確認するための文字列表現を追加
  • AUTOMATIC FRAME DELAY: オーディオ レイテンシと同様に、ログに「ms」を追加し、ラベルに「(ms)」を追加しました
  • 一般: configure スイッチで明示的に有効にしない限り、デフォルトで OpenAL と libcaca を焼き付けないでください。
  • 一般: strlen 呼び出しの量を減らします
  • 一般: sin/cosf 呼び出しを削減または単純化する
  • GFX:aspectratio_lut の可読性と精度の問題を修正
  • GFX: 自動リフレッシュ レート切り替えを手動で有効/無効にするオプションを追加
  • GFX: 「VSync Swap Interval」の自動設定を有効化
  • GFX/FONT/FREETYPE: FT_New_Memory_Face を使用します – 最初に事前にファイルからメモリに読み込みます –
    これにより、[アセットの更新] を選択したときのアセット抽出の問題が解決されます – どうやら FT_New_Face はフォント ファイルへの開いているファイル ハンドルを保持し、
    上書き/削除を防ぎますプログラムがまだ実行されている間。
  • GFX/THUMBNAILS: サムネイルの縦横比を修正
  • GFX/THREADED VIDEO: 最適化、修正、クリーンアップ
  • GFX/ビデオ フィルタ: Upscale_240x160-320×240 ビデオ フィルタを「混合」方式で追加
  • GLSLANG: ./configure –disable-builtinglslang を使用したコンパイルを修正しました – -lMachineIndependent および -lGenericCodeGen 静的ライブラリに対するリンクが欠落していました
  • INPUT: input_block_timeout 設定のエラーが 1 つあったのを修正。また、この設定のデフォルトは 0 です (パフォーマンスが大幅に向上します)。
  • INPUT: アナログボタンのマッピングを修正
  • INPUT/HID/OSX: DualShock3 サポートを修正
  • INPUT/HID/LINUX: (qb) 両方で動作するバックエンドがない限り、Linux では HAVE_HID をデフォルトで無効にします。
  • INPUT/HID/WINDOWS: (qb) 両方で動作するバックエンドがない限り、Windows では HAVE_HID をデフォルトで無効にします
  • INPUT/HID/WIIU: DualShock3 サポートを修正
  • INPUT/OVERLAY: オーバーレイが押されたときのブロック ポインター入力
  • INPUT/REMAPPING: input_remapping_save_file – 既存の再マッピング ファイルが不必要に再ロードされました
  • INPUT/REMAPPING: 入力リマップファイルの自動保存を無効にするオプションを追加
  • INPUT/LINUX/UDEV: Y 軸の lightgun スケーリングを修正
  • INPUT/LINUX/X11/LED: LED キーボードドライバーを追加
  • INPUT/WINDOWS/LED: LED キーボード ドライバーのクリーンアップ
  • INPUT/WINDOWS/WINRAW: フォーカスされていないときにキーの状態をクリア
  • INPUT/WINDOWS/WINRAW: ポインター デバイスの位置を修正
  • IOS: iOS アプリのアイコンの修正とリビジョン
  • LIBRETRO/SAVESTATES: コンテキスト認識のための API 呼び出しを実装します
  • ローカライゼーション: アップデート
  • ローカリゼーション: カタロニア語オプションを追加
  • ローカリゼーション: ローカリゼーションの不具合を修正
  • LINUX: memfd_create 呼び出しを syscall 経由で呼び出すことにより、下位互換性を高めます。古いシステムでは、MFD_ 定義用に linux/memfd.h をインクルードし、syscall(2) ラッパーを介して memfd_create() を呼び出す必要があります (さらにインクルードする必要があります)。 unistd.h および sys/syscall.h で動作します)。linux/memfd.h ヘッダー インクルードを除外します。これは、MFD_ 定義が欠落している場合に備えて既に提供されているためです。
  • LINUX/MALI FBDEV: ビデオ スレッド スイッチでアサーションが失敗する問題を修正
  • MENU: メニュー ページ ナビゲーションの調整
  • メニュー: メニューの情報と検索ボタンを無効にするための新しいメニュー項目
  • メニュー: ユーザーがメニュー内からボリュームアップ/ダウン/ミュートのホットキーを使用できるようにします
  • メニュー: 実行されていないクイック メニューの欠落しているサブラベルを追加
  • MENU: クイックメニュー情報の再編成
  • メニュー: Savestate サムネイル – Savestate スロットのリセット アクション
  • MENU: 保存/読み込み時に左/右で保存状態スロットを変更できるようにしました
  • メニュー: プレイリストに最後にプレイしたスタイルに「Ago」を追加
  • MENU: シェーダーアイテムに適切なアイコンを追加
  • MENU/MATERIALUI: 「サムネイルダウンロード」のアイコンを追加
  • MENU/XMB: ヘッダーと水平タイトル マージンを非表示にするオプションを追加
  • MENU/XMB: 動的壁紙の修正
  • MENU/XMB:だいてXMBアイコンテーマ追加
  • MENU/XMB/OZONE: セーブステートサムネイルの縦横比
  • MENU/XMB/OZONE: コア オプション カテゴリ アイコンの改良
  • MENU/XMB/OZONE:全画面サムネイル閲覧
  • MENU/XMB/OZONE: 「Load Content」の下にプレイリストアイコンを追加
  • MENU/XMB/OZONE: サムネイルの改善
  • MENU/XMB/OZONE: セーブステート サムネイル フルスクリーン + ドロップダウン
  • MENU/XMB/OZONE: プレイリストをスクロールする際の不要なサムネイル要求を防止
  • MENU/OZONE: クイック メニューから戻った後のプレイリスト サムネイルのマウス ホバーを修正
  • MENU/OZONE: サムネイル表示の修正
  • MENU/OZONE: プレイリストのメタデータの再フォーマット
  • MENU/OZONE: 保存状態のサムネイルの修正
  • MENU/OZONE: 保存状態のサムネイルを追加
  • MENU/OZONE: ヘッダーアイコンの間隔調整
  • MENU/RGUI: 保存状態のサムネイル
  • メニュー/設定: 詳細設定をデフォルトでオンにします。この設定全体のフィルタリングは、とにかく完全に再考する必要があります。
  • MENU/WIDGETS:ウィジェットの色+位置調整
  • MIYOO: Miyoo の未使用の HAVE_HID を除外する
  • MIYOO: スクリーンショットを有効にする
  • MIYOO: 巻き戻しを有効にする
  • ネットワーク: OK コールバックで MITM サーバーの選択を許可
  • ネットワーク: socket_select 呼び出しを置き換えます
  • NETWORK: バイナリ ネットワーク ストリームの実装
  • ネットワーク: 投票のサポート
  • NETWORK: 接続が成功したかどうかを接続エラー番号で確認してください
  • NETWORK: socket_connect の timeout_enable パラメータを削除
  • NETWORK: HAVE_SOCKET_LEGACY プラットフォームの getnameinfo_retro のポート値を修正
  • ネットワーク: 古い Windows バージョン用に inet_ntop と inet_pton を定義
  • ネットワーク: isinprogress 関数を定義する
  • NETWORK/NATT: natt ファイルを「ネットワーク」に移動します
  • NETWORK/NETWORK STREAMS: 関数 netstream_eof を追加
  • NETWORK/NETPLAY: ゲームの CRC 解析を修正
  • NETWORK/NETPLAY: ステートレス モードの無効化と非表示
  • NETWORK/NETPLAY: 入力共有のデフォルトを「共有なし」に変更
  • NETWORK/NETPLAY: 接続中にタイムアウトを強制する
  • NETWORK/NETPLAY: クライアントが状態を読み込んでリセットすることを許可しない
  • NETWORK/NETPLAY: クライアント用の特別な保存ディレクトリ
  • NETWORK/NETPLAY: ホストに参加する前に現在のコンテンツがリロードされていることを確認する
  • NETWORK/NETPLAY: クライアント情報デバイスのインデックスを修正
  • NETWORK/NETPLAY: ホスティング時の一部のコアの入力を修正
  • NETWORK/NETPLAY: メモリ リークの修正
  • NETWORK/NETPLAY: netplay の開始時にコアの更新を強制する
  • NETWORK/NETPLAY: HAVE_SOCKET_LEGACY プラットフォームの NAT トラバーサル アナウンスを修正
  • NETWORK/NETPLAY: フォーク引数のリファクタリング
  • NETWORK/NETPLAY: 静的コア プラットフォームでのコンテンツ リロードのデッドロックを修正
  • NETWORK/NETPLAY: 静的コア プラットフォームでコンテンツがロードされていない場合、ネットプレイの開始を許可しない
  • NETWORK/NETPLAY: クライアントのスローダウン情報を表示
  • NETWORK/NETPLAY: チェック フレームのメニュー エントリを改善
  • NETWORK/NETPLAY: データがバッファにある場合、新しいデータを受信しようとしない
  • NETWORK/NETPLAY: バッファがいっぱいでも受信時にデータをコピー
  • NETWORK/NETPLAY: 一部のプラットフォームでのロビー サブラベルの CRC 表示を修正
  • NETWORK/NETPLAY: チャットの色のカスタマイズをサポート
  • NETWORK/NETPLAY: 小規模な起動互換性パッチの調整
  • NETWORK/NETPLAY: クライアントの禁止のサポート
  • NETWORK/NETPLAY: コンテンツ検索タスクの微調整
  • NETWORK/NETPLAY: クライアント情報の収集とキックのサポート
  • NETWORK/NETPLAY: デッドロックの可能性を修正
  • NETWORK/NETPLAY: クライアントの allow_pausing を true に初期化します
  • NETWORK/NETPLAY: サポートされていないコアの netplay を無効にします。現時点ではステートレス モードが無効になっているため、これを含めない理由はありません。現在のコアがサポートされていない場合 (適切な保存状態がサポートされていない場合)、ネットプレイの初期化を拒否する
  • NETWORK/NETPLAY/DISCOVERY: パケット構造体で固定幅の int を確保する
  • NETWORK/NETPLAY/DISCOVERY: IPv4 トンネリング (6to4) のサポート
  • NETWORK/NETPLAY/DISCOVERY/TASKS: Netplay/LAN ディスカバリ タスクのリファクタリング – LAN ディスカバリのタイムアウトを待っている間にメイン スレッドがブロックされるのを防ぐことを目的としています。これは、検出機能全体をそのタスクに移動し、ノンブロッキング タイマーを使用してタスクを終了することによって実現されます。また、ディスカバリ ソケットがノンブロッキングにならない問題も修正されました。これにより、メイン スレッドがプリフレームごとに非常に長い時間ハングする可能性がありました。
  • NETWORK/NETPLAY/TASKS: Find content タスクのリファクタリング – タスクが実行されるたびに数千バイトをリークするいくつかの厄介なメモリ リークを含む、多くの問題を修正しました。また、現在実行されているコンテンツをファイル名で照合することにより、元の概念を拡張します (ただし、CRC 照合は常に最初に実行されます)。
  • NETWORK/NETPLAY/TASKS: Find content タスクのリファクタリング – CRC32 の長さが 8 文字であることを確認します
  • NETWORK/NETPLAY/LOBBY: コアがインストールされていないルームをフィルタリングする設定を追加
  • NETWORK/NETPLAY/LOBBY: 古い (互換性のない) ルームを非表示にする
  • NETWORK/NETPLAY/LOBBY: パスワード付きの部屋に切り替え可能なフィルターを追加します。さらに、整理しやすくするために、ロビー フィルターを独自のサブメニューに移動します。
  • NETWORK/NETPLAY/MENU: ホストキックサブメニューのチャットサポート情報
  • NETWORK/NETPLAY/MENU: 中継サーバーのローカライズ
  • NETWORK/NETPLAY/MENU: ホスト禁止サブメニュー
  • NETWORK/NETPLAY/MENU: キックサブメニューにクライアントデバイス情報を追加
  • NETWORK/NETPLAY/MENU: パス: Netplay -> Host -> Kick Client – ホストがクライアントをキックできるようにします。ホストがクライアント情報を表示できるようにします: 接続されたクライアント (名前)、ステータス (再生/観戦)、および ping。
  • NETWORK/NETPLAY/VITA: net_ifinfo サポートを追加
  • NETWORK/NETPLAY/VITA: 部分的な LAN 検出を有効にする
  • NETWORK/NETPLAY/VITA: デフォルトの UDP ポートを 19492 に変更
  • NETWORK/NETPLAY/VITA: 負のタイムアウト値を掛けないでください
  • NETWORK/NETPLAY/VITA: epoll のタイムアウト パラメータを修正
  • NETWORK/NETPLAY/VITA: 互換パッチをリリース
  • NETWORK/NETPLAY/3DS: 互換パッチをリリース
  • NETWORK/NETPLAY/3DS: POLL を 3DS プラットフォームに適応
  • NETWORK/NETPLAY/PS3: 互換パッチをリリース
  • NETWORK/NETPLAY/WII: 一部の機能で net_ifinfo を有効にします。実際には、これはネットプレイの UPnP タスクが Wii で成功することのみを許可します。
  • NETWORK/NETPLAY/WIIU: 互換性パッチのリリース
  • NETWORK/NETPLAY/SWITCH: 互換性パッチを起動
  • NETWORK/UPNP: 残りのプラットフォームのサポートを試みる
  • NETWORK/UPNP: IPv4 トンネリングのサポート
  • ODROID GO2: RG351[X] コンソールに影響するため、ODROIDGO2 の DEFAULT_MAX_PADS を 8 に増やします。RG351[X] には USB ホスト コントローラーがあり、任意の数の USB ゲームパッドを持つことができます。
  • オンライン アップデーター: オンライン アップデーター メニューの再編成
  • OSX: macOS のシステム トップ メニュー バーの項目を修正
  • OSX: macOS アプリのアイコン セットの改訂
  • プレイリスト: 履歴リストに CRC32 が含まれていることを確認します
  • プレイリスト: CRC32 比較を修正 – state->content_crc には「|crc」サフィックスがあるため。
  • PS4/ORBIS: OrbisDev ツールチェーンを使用した Orbis/PS4 のサポート
  • PS4/ORBIS: xxHash の依存関係を更新
  • PS4/ORBIS: シェーダーキャッシュ
  • RETROFW: RetroFW の未使用の HAVE_HID を除外する
  • RETROFW:RetroFWのバッテリーインジケーターをサポート
  • RETROFW: Retrofw デバイスのメニュー切り替えボタンを有効にする
  • シェーダー: 設定用の複数の追加 #references 行のシェーダー プリセットの読み込み
  • シェーダー: シェーダー ロード エクストラ パラメーター リファレンス ファイル – これにより、追加の設定をロードするシェーダー プリセット内に追加の #reference ラインを配置する機能が追加されます。プリセットの最初のリファレンスは、シェーダー チェーンで終わるプリセットのチェーンを指す必要があり、後続の #reference 行は、パラメーター値の調整のみを持つプリセットをロードします。これにより、モジュール式の設定を選択してプリセットを作成できます。たとえば、Mega Bezel では、ナイト モードとデイ モードの設定を含むプリセットを指す追加のリファレンスが 1 つあり、画面をどれだけズームインするかの設定を含むプリセットを指す別のリファレンスを指すことができます。
  • シェーダー/メニュー: シェーダー スケールの最大値を増やします
  • SCANNER/DC: 一部の DC ゲームのリダンプ ビン/キュー スキャンを修正
  • SCANNER/GC/WII: GC/Wii の RVZ/WIA スキャン サポートを追加
  • SCANNER/PS1: xx.xxx フォーマットのサポートを追加することにより、PS1 でのシリアル スキャンの成功率が向上しました。
  • SCANNER/PS1: シリアルを抽出できなかった場合に、detect_ps1_game 関数の戻り値が実際に失敗を返すように変更しました。その後、スキャナーは crc チェックにフォールバックし、通常はデータベース内のゲームを見つけます。
  • SWITCH: RWAV (WAV オーディオ ファイル) のサポートを有効にします
  • STRING: char が unsigned であると想定しないでください
  • TASKS: タスク コールバックでのスレッド認識の向上
  • TASKS: task_queue_wait での競合状態を修正
  • TVOS: tvOS アイコンを改訂し、エイリアンを更新しました。
  • VFS: さまざまな VFS / ファイル ストリームの問題を修正
  • VULKAN: 検証エラーをさらに修正
  • VULKAN: HDR スワップチェーンで検証エラーの修正を試みます。常に swapchain 形式と同じ最終レンダー パス タイプを使用します。より直接的なロジックを使用して、フィルター チェーンが HDR10 色空間を放出するかどうかを明らかにします
  • VULKAN/ANDROID: スワップチェーンを再作成する必要があるため、非 Android では SUBOPTIMAL を尊重します。Android では、SUCCESS に昇格できます。
  • VULKAN/DEBUG: バッファ/イメージ/メモリに名前を自動的に付けます
  • VULKAN/DEBUG: VK_EXT_debug_utils に移動します。デバッグ マーカーは数年前に廃止されました。
  • VULKAN/HDR: HDR UBO バッファのリークを修正
  • VULKAN/BFI: BFI (Black Frame Insertion) のリグレッションを修正
  • WINDOWS: vsync スワップ間隔が 1 に等しくない場合の排他的フルスクリーン ビデオ リフレッシュ レートを修正 – 排他的フルスクリーン モードのリフレッシュ レートが vsync スワップ間隔で誤って乗算され、gfx ドライバー レベルでのスワップ間隔機能が壊れていた
  • WIN32: 前のタイトルが現在のタイトルと異なる場合にのみ、SetWindowText でタイトルを更新する Windows の最適化を行います。
  • WIN32: ファイルへのログ記録時にコンソールの接続をスキップする
  • WIN32: 縁なしの非フルスクリーン ウィンドウで黒い余白を削除する
  • WIN32/TASKBAR: 失敗した HrInit で ITaskbarList3 を解放します – ポインターが NULL ではないため、set_window_progress が奇妙な動作を引き起こす可能性がありました
  • WII/GX: 潜在的なデータ競合を修正
  • WIIU: sysconf と __clear_cache を実装
  • WIIU: OS メモリ マッピングのインポートを追加
  • UWP: フロントエンドが既に実行中の RetroArch UWP インスタンスに終了を指示できるように、起動プロトコル引数 ‘forceExit’ を追加しました。
  • UWP: コア ダウンローダー/アップデーターを有効にする
  • UWP: 新しい ACL を直接割り当てるだけで機能するため、効率が悪いため、コピーのアクセス許可を削除します。
  • Xbox/UWP:expandedResources を削除
  • Xbox/UWP: UWP OnSuspending クラッシュの修正
  • Xbox/UWP: UWP/Xbox のデフォルトで savestate ファイルの圧縮を有効にします – これ以上の問題はないと言われました
  • Xbox/UWP: MSVC2017 ビルド用の xbox のアングルに 4k のサポートを追加


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。