krikzzがCD-ROM2に対応した『Turbo EverDrive PRO』のプロトタイプ映像を公開

krikzzがCD-ROM2に対応した『Turbo EverDrive PRO』のプロトタイプ映像を公開

krikzz氏が、自身のYouTubeチャンネルでPCエンジンのCD-ROM2に対応した新たなマルチフラッシュカード『Turbo EverDrive PRO』のプロトタイプ映像を公開しました。

詳細は不明ですが、こちらの動画では.cueファイルを読み込んでゲームが起動する様子が映されています。よくある質問として、HuCARDはモノラルオーディオのみ出力可能になっており、カートはおそらくふたつの形式で製造されることになるとのこと。

このプロトタイプは、『Mega EverDrive PRO』のメガCDコアを開発中にCDベースの開発に関する多くのスキルを身に付けることができたのも実現できた理由のひとつとしてあげています。すべての作業が完了したのちに、検証に使用するテストツールをリリースするとのこと。こちらにはいくつかのタイミング用のテストツールも含まれています。

以前、HuCARDからCD-ROM2のゲームを読み込ませるのは難しいと言っていた気がしますが、この『Turbo EverDrive PRO』がどのようなスタイルで実現しているのか気になるところですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。