PixelFX、新たなアップスケーラー『Morph』と複数のアナログ入力に対応したモジュール方式の『InfinitySwitch』を2022年夏に発売

PixelFX、新たなアップスケーラー『Morph』と複数のアナログ入力に対応したモジュール方式の『InfinitySwitch』を2022年夏に発売

N64Digitalで知られるPixelFXは、新たなアップスケーラーとして『Morph』と『InfinitySwitch』を2022年夏に発売すると発表しました。

●PixelFXによるレビューページ
https://docs.pixelfx.co/2021_review.html

PixelFX、新たなアップスケーラー『Morph』と複数のアナログ入力に対応したモジュール方式の『InfinitySwitch』を2022年夏に発売
PixelFX、新たなアップスケーラー『Morph』と複数のアナログ入力に対応したモジュール方式の『InfinitySwitch』を2022年夏に発売

『Morph』の機能は、N64Digitalで利用されている「FX-Framework」に基づいたものになっており、多相スケーリングやカスタムスロットマスク、スムージングフィルターなどをサポートしています。また、コンポジットやSビデオ、コンポーネント、RGBなど、レトロゲームで採用されているさまざまなアナログ信号が利用できる一連のBNC入力が用意されています。

アナログ入力だけではなく、この『Morph』には、DCDigitalやGCVideo、GBAConsolizerといったデジタルビデオModされたデバイスからの信号をスケーリング可能なHDMI入力も用意されています。また、『Morph』は内部に搭載されたWi-Fiを介してWebベースのGUIにアクセスすることができます。

『Morph』の最大出力解像度は1920×1440で、これは多くのレトロゲームで採用されている240pの6倍整数スケールに対応することができます。当初の意図としては、2560×1440の出力を可能にすることでしたが、電子部品の不足により、PixelFXは別の設計に移行することを余儀なくされたとのこと。

これだけでも十分に興味深い製品といえますが、さらに注目したいのがもうひとつの製品である『InfinitySwitch』です。

『Morph』を利用したいと考えているレトロゲーマーの多くは、複数のハードウェアを所有している場合が多く、それらの接続や切り替えに苦心している人も多いことでしょう。この『InfinitySwitch』は、そうした問題を一気に解決してくれる手段となりそうです。『InfinitySwitch』と『Morph』は、Infinity-Netと呼ばれるプロトコルを介して相互に通信することができ、『InfinitySwitch』に接続されているコンソールを正確に把握することができます。

PixelFX、新たなアップスケーラー『Morph』と複数のアナログ入力に対応したモジュール方式の『InfinitySwitch』を2022年夏に発売

『InfinitySwitch』は、ユーザーが自分の好みに合わせて組んでいくことができるモジュールで構成されています。ベースモジュールに加えて、5-BNC、VGA、5-RCA + Sビデオ、SCART、HDMIなどのさまざまなモジュールが用意されているほか、デジタルビデオスケーラーとCRTの両方に接続できるアナログ出力がふたつ含まれています。また、『InfinitySwitch』には、入力ごとに自動で切り替えを行うこともできます。

PixelFX、新たなアップスケーラー『Morph』と複数のアナログ入力に対応したモジュール方式の『InfinitySwitch』を2022年夏に発売
PixelFX、新たなアップスケーラー『Morph』と複数のアナログ入力に対応したモジュール方式の『InfinitySwitch』を2022年夏に発売
▲『InfinitySwitch』のモジュール。左から、ベースユニット、4x HDMI入力、SCART、コンポーネント/ Sビデオ、VGA、5-BNC。

このふたつの製品が発売されたあと、PixelFXではPS2、ドリームキャスト、Xbox、ゲームキューブ、Wiiなど、多くの人が待ち望んでいるアップグレードキットを完成させる予定とのこと。いずれにせよ、さらなる続報を待ちたいところですね。

via.RetroRGB


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。