POLYMEGAのシステムアップデート1.1.16が提供開始に

POLYMEGAのシステムアップデート1.1.16が提供開始に

Playmajiは、同社のマルチエミュレーター互換機『POLYMEGA』において、システムアップデート1.1.16の提供を開始したと発表しました。

1.1.16 リリースノート

システムアップデートv1.1.16を公開しました。システム設定の「System Update」ボタンで最新版を入手してください。なお、過去のシステム・ソフトウェア・アップデートの内容については changelog.

インストールを完了するために、システムが3回再起動しますのでご注意ください。

  • CDゲームでは、I/Oエラーが発生しない限り、インストール中にイジェクトされなくなりました。
  • ネオジオCD、PCエンジンCD、セガCD、セガSaturn のために、UIベースのセーブ管理のサポートを追加しました。
  • SegaSaturn のHi-Saturn とV-Saturn BIOSサポートを追加しました。バイオスのオーバーライドファイル名はhi-saturn.binとv-saturn.binです。
  • 1080iディスプレイは、Polymega で正しく動作するようになりました。
  • バーチャルディスプレイのデフォルトの明るさが1.2になりました。
  • PC-Engine版「妖怪道中記」が正しくインストールされ、再生できるようになりました。
  • Ghost Manor forPCエンジン が正しくインストールされ、再生されるようになりました。
  • ピアソーラのカートリッジがEM03(ゲームメディア、インストールサポートなし)で遊べるようになりました。
  • Retrobit Toaplan Gen/MD Collection Gamesのデータベースインストールに対応しました。
  • EMに接続されたコントローラを使用する際に、Supergrafxが正しく動作するようになりました。
  • PCECDおよびTGCDの画面上のBIOSセレクターが正しく動作するようになりました。
  • PCECD/TG16 CDゲームの認識を改善しました。Götzendienerなどのゲームが正しく動作するようになりました。
  • CDイメージングのCPU使用率を最適化し、バックグラウンドで再生とインストールの両方を行っているゲームでの一瞬の停止を減らしました。
  • エレメントモジュールの最適化を行い、リソースを必要とする一部のゲームでパフォーマンスに悪影響を与えないようにしました。
  • バックグラウンドでインストール中に再生していたCDゲームを取り出しても、システムがリセットされなくなりました。
  • 表示領域の設定を縮小するサイズを制限し、一部の場所でUIの問題を修正しました。
  • 一部のMSUパッチが構成員ファイルを見つけられず、結果的に動作しないという問題を修正しました。
  • 一部の環境下で、詳細画面の説明文が正しく表示されない問題を修正しました。
  • 複数のゲームディスクや代替バージョンがインストールされている場合、「コレクションに表示」を選択しても動作しない問題を修正しました。
  • 大容量のCDゲームに大容量のパッチファイルを適用した場合、インストール完了後すぐにPolymega が再起動することがある問題を修正しました。
  • ディスクの識別中にディスクを取り出した場合、光学ドライブが無反応になることがある問題を修正しました。
  • 極端に長い単語やスペースを含まない名前を扱ったときに、画面上の通知に不具合が生じることがありました。
  • PCエンジン/TG-16のゲームをインストールすると、まれに破損してプレイできなくなり、再インストールが必要になる問題を修正しました。
  • ゲーム開始時に効果音が鳴らないことがある不具合を修正しました。
  • Virtual Displayが日本語で720pの解像度を正しく表示するようになりました。
  • ガロウ伝説スペシャルSFCのサムネイルを修正しました。
  • データベースとローカライゼーションに関するバグフィックスと修正を行いました。

via.POLYMEGA


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。