MiSTer FPGAのアーケードゲームコア開発者がAnalogu PocketのopenFPGA向けの開発を続々と発表。これはビッグウェーブの予感!?

MiSTer FPGAのアーケードゲームコア開発者がAnalogu PocketのopenFPGA向けの開発を続々と発表。これはビッグウェーブの予感!?

7月末に公開された、Analogue Pocket(アナログポケット)の最新OS 1.1β。その最大のポイントは、これまで明かされていなかったopenFPGAに対応したことでした。FPGAベースでオープンソースのプラットフォームといえば、これまでMiSTer FPGAの独壇場になっていましたが、これからはそれとは異なるプラットフォームでも広がっていきそうな予感がします。

その流れのひとつとして、MiSTer FPGAで数々のアーケードゲームコアを開発したJosh Bassett氏やJotego氏が、openFPGA向けの開発を自身のツイッターで発表しています。Josh Bassett氏は自身のpatreonで、AnalogueからAnalogue Pocket用の開発者向けキットが送られてきたことを明かしています。

同氏によると、これまで様々なハンドヘルド向けに自作ハッキングするために時間を費やしてきたものの、それらは何も文書化されておらず、すべてリバースエンジニアリングする必要があったと語っています。そのため、Analogueがこうしたことに取り組んでいることは評価しているようです。

●Josh Bassett氏のpatreon
https://www.patreon.com/posts/analogue-pocket-70361403

また、具体的なものはないものの、Jotego氏も自身のツイッターでopenFPGAでの開発に挑んでいることを明かしています。ちなみに、Jotego氏がMiSTer FPGA用に開発したアーケードゲームコアのリストは下記にあります。

●Jotego氏が開発したMiSTer FPGA用のアーケードゲームコア
https://github.com/jotego/jtpremium/tree/main/_Arcade

via.Reddit①Reddit②


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。