レトロゲーム配信サービス『プロジェクトEGG』で『ハイドライド』など280タイトル以上のゲーム実況・収益化を許諾するYouTube二次創作ガイドラインを発表

レトロゲーム配信サービス『プロジェクトEGG』で『ハイドライド』など280タイトル以上のゲーム実況・収益化を許諾するYouTube二次創作ガイドラインを発表

KADOKAWAとD4エンタープライズは、KADOKAWAが提供する二次創作の管理・収益分配サービス『クリエイターサポートプログラム(以下略称:CSP 呼称:シーエスピー)』を利用し、D4Eのレトロゲーム配信サービス『プロジェクトEGG』内のゲームタイトルに関する二次創作ガイドラインを発表しました。これにより「二次創作ガイドライン」に沿って「YouTube」でゲーム実況など二次創作及び収益化が可能になります。

(以下、プレスリリースより)

レトロゲーム配信サービス『プロジェクトEGG』で『ハイドライド』など280タイトル以上のゲーム実況・収益化を許諾するYouTube二次創作ガイドラインを発表

クリエイターが二次創作コンテンツを収益化したい場合、KADOKAWAのCSPを利用して収益の一部をタイトルホルダー(権利者)に分配したうえで、収益を得ることができます。
詳細なルールに関しては、以下「二次創作(ゲーム実況)ガイドライン」をご覧ください。

「プロジェクトEGG」二次創作(ゲーム実況)ガイドライン

http://www.amusement-center.com/about/guideline.php
※『ハイドライド』『夢幻の心臓』『ザナック』『レリクス』など280タイトル以上
※2022年11月24日(木)ガイドライン公開以降、公開されたコンテンツに適用いたします

D4エンタープライズのコメント

2022年11月24日で『プロジェクトEGG』が21周年を迎えたことを契機に、KADOKAWAさんの『クリエイターサポートプログラム』を活用し、二次創作ガイドラインを公開させていただきました。収益の一部をタイトルホルダーの皆様に還元することで、今後のレトロゲームマーケットの活性化につながればと思っております。
レトロゲームファンの皆様には安心して(D4Eが権利を所有する)レトロゲームの二次創作や配信をしていただけたら嬉しいです。

『プロジェクトEGG』とは

PC-9801、FM-7、X1など様々なプラットフォームが存在していた1980年代。この時期に発売されたPCゲームは、今のエンタテインメントに大きな影響を与えました。しかし記録メディアの劣化やプラットフォームなどの変化により、それらは次第に遊べなくなっています。

D4エンタープライズではレトロゲームを文化遺産のひとつと捉え、『プロジェクトEGG』を発足。ゲームコンテンツ、ハードウェア、開発者、そしてレトロゲームを愛する皆さまへのリスペクトを忘れず、いつまでもレトロゲームが楽しめるよう、真摯に取り組んでまいります。

怒涛のレトロゲーム1,000本以上配信中!『プロジェクトEGG』URL :
https://www.amusement-center.com/project/egg/
あのゲームのサントラがココだけに!? 約9,000曲配信中!『EGG MUSIC』URL :
https://www.amusement-center.com/project/emusic/
動画でゲーム紹介! YouTube内チャンネル『EGGチャンネル』URL :
https://www.youtube.com/ProjectEGG
最新情報を即ゲット! 公式Twitter『EGGなう!』URL :
https://twitter.com/project_egg
『プロジェクトEGG』公式Facebook URL :
https://www.facebook.com/ProjectEGG


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。