レトロゲーム配信サービス『プロジェクトEGG』で『ミッション660(アーケード版)』が2022年8月30日より配信開始

レトロゲーム配信サービス『プロジェクトEGG』で『ミッション660(アーケード版)』が2022年8月30日より配信開始

D4エンタープライズは、同社が運営するレトロゲーム配信サービス『プロジェクトEGG』において、新規コンテンツで『ミッション660(アーケード版)』を2022年8月30日より配信開始しました。

(以下、プレスリリースより)

レトロゲーム配信サービス『プロジェクトEGG』で『ミッション660(アーケード版)』が2022年8月30日より配信開始
レトロゲーム配信サービス『プロジェクトEGG』で『ミッション660(アーケード版)』が2022年8月30日より配信開始
レトロゲーム配信サービス『プロジェクトEGG』で『ミッション660(アーケード版)』が2022年8月30日より配信開始

シューティングゲーム『アルファックスZ』のアレンジ版。
サブウェポンがレーザーになるなど、 より攻撃的なプレイが楽しめます。

タイトル : ミッション660(アーケード版)
ジャンル : シューティング
メーカー : ウッドプレイス
オリジナル発売年: 1986年
配信サイトURL :
https://www.amusement-center.com/project/egg/game/?product_id=1764
発 売 日 : 2022年8月30日
価  格 : 440円
(※ キャンペーン終了後は880円での配信となります。 )
権利表記 :
(C)WOODPLACE INC.
(C)2022 D4Enterprise Co.,Ltd.

本作は1986年にリリースされたシューティングゲームで『アルファックスZ』のアレンジ版にあたるタイトルです。 ゲームは縦スクロールのシューティングゲームで、 プレイヤーはショットとサブウェポンを駆使して、 次々と飛来する敵やボスと戦うことになります。 ステージはAからZまでの25もあり、 要所ではパワーアップアイテムやサブウェポン用のエネルギーなども登場します。

オリジナル版にあたる『アルファックスZ』と比較すると、 背景・敵・アイテムといった見た目のアレンジにとどまらず、 自機に慣性が働かなくなった、 最初からツインショットになっている、 サブウェポンがバリアからレーザーに変更されたなど、 ゲーム性に関わる部分にも大きな違いが見られます。 もちろん、 オリジナル同様に、 ほとんどの敵弾がショットで相殺できる点も健在なので、 前述のレーザーや自機の操作しやすさなどを考慮すると、 “より攻撃的なプレイが楽しめる”アレンジに仕上がっていると言えるでしょう。

“アレンジの妙”が堪能できる本作。 ぜひ、 オリジナルの『アルファックスZ』と一緒にプレイしていただきたいタイトルです。

『プロジェクトEGG』とは

PC-9801、 FM-7、 X1など様々なプラットフォームが存在していた1980年代。 この時期に発売されたPCゲームは、 今のエンタテインメントに大きな影響を与えました。 しかし記録メディアの劣化やプラットフォームなどの変化により、 それらは次第に遊べなくなっています。

D4エンタープライズではレトロゲームを文化遺産のひとつと捉え、 『プロジェクトEGG』を発足。 ゲームコンテンツ、 ハードウェア、 開発者、 そしてレトロゲームを愛する皆さまへのリスペクトを忘れず、 いつまでもレトロゲームが楽しめるよう、 真摯に取り組んでまいります。

怒涛のレトロゲーム1,000本以上配信中!『プロジェクトEGG』URL :
https://www.amusement-center.com/project/egg/
あのゲームのサントラがココだけに!? 約9,000曲配信中!『EGG MUSIC』URL :
https://www.amusement-center.com/project/emusic/
動画でゲーム紹介! YouTube内チャンネル『EGGチャンネル』URL :
https://www.youtube.com/ProjectEGG
最新情報を即ゲット! 公式Twitter『EGGなう!』URL :
https://twitter.com/project_egg
『プロジェクトEGG』公式Facebook URL :
https://www.facebook.com/ProjectEGG


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。