『プロジェクトEGG』で『は~りぃふぉっくす(PC-6001mkII版)』が2021年10月19日より配信開始

『プロジェクトEGG』で『は~りぃふぉっくす(PC-6001mkII版)』が2021年10月19日より配信開始

D4エンタープライズは、同社が運営するレトロゲーム配信サービス『プロジェクトEGG』において、新規コンテンツ『は~りぃふぉっくす(PC-6001mkII版)』を2021年10月19日より配信開始しました。

(以下、プレスリリースより)

『プロジェクトEGG』で『は~りぃふぉっくす(PC-6001mkII版)』が2021年10月19日より配信開始
『プロジェクトEGG』で『は~りぃふぉっくす(PC-6001mkII版)』が2021年10月19日より配信開始
『プロジェクトEGG』で『は~りぃふぉっくす(PC-6001mkII版)』が2021年10月19日より配信開始

タイトル : は~りぃふぉっくす(PC-6001mkII版)
ジャンル : アドベンチャー
メーカー : マイクロキャビン
配信サイトURL :
https://www.amusement-center.com/project/egg/cgi/ecatalog-detail.cgi?product_id=1656
発 売 日 : 2021年10月19日
価  格 : 330円
(※ キャンペーン終了後は550円での配信となります。 )
権利表記 :
Copyright (C) MICROCABIN INC. All rights reserved.
(C)2021 D4Enterprise Co.,Ltd. / (C)2021 MSX Licensing Corporation.

むかし、 ロムスの森というところに、 大変仲のいい母ぎつねと子ぎつねがいました。 ある時、 子ぎつねが「ロムス病」という病気にかかってしまいました。 ロムス病にかかると絶対になおらないという伝説があり、 実際、 今までにもこの病気にかかった者はなすすべもなく死んでいっていたのです。 母ぎつねはどうすることもなできなく、 ただ看病するだけでした。 その時、 母ぎつねはむかしおばあさんぎつねに教えてもらったことを思い出しました。


「おまえがなぁ、 母ぎつねになるころにゃ ロムス病という絶対になおらない病気がはやりだす。 ええかぁ もしもお前の子供がこの病気にかかったら、 リール神社にかくされている油揚げをくわしてやれ……」

おばあさんぎつねは未来をも知っているような口調で、 この不思議な話をいつも母ぎつねに話していたのです。  

1984年にマイクロキャビンからリリースされた「は~りぃふぉっくす」は、 動物達の世界を舞台としたアドベンチャーゲーム。

プレイヤーは母ギツネとなって、 リール神社に隠された油揚げを求めて冒険をすることになります。 ほのぼのした雰囲気や動物達が織り成す世界は独特な味があり、 その世界観やグラフィックスから(難度は非常に高いものの)女性でも楽しめるアドベンチャーゲームとして話題となりました。

なお、 本作はマイクロキャビン主催の第1回アドベンチャー・ゲーム・コンテスト ストーリー部門受賞作品としても知られています。 さらに続編として『はーりぃふぉっくす雪の魔王編』もリリースされており、 こちらでは回復した子ギツネが主人公となっています。

『プロジェクトEGG』とは

PC-9801、 FM-7、 X1といったようにプラットフォームが乱立していた1980年代。 この時期に発売されたPCゲームは、 今のゲームに大きな影響を与えました。 しかし記録メディアの劣化やプラットフォーム等の変化により、 それらは次第に遊べなくなっています。

D4エンタープライズでは、 レトロゲームを文化遺産のひとつと考え『プロジェクトEGG』を発足しました。 過去の名作をWindows上に復刻し、 いつまでも楽しめるようにすること。 それが『プロジェクトEGG』の役割と考えております。

怒涛のレトロゲーム1,000本以上配信中!『プロジェクトEGG』URL :
https://www.amusement-center.com/project/egg/
あのゲームのサントラがココだけに!? 約9,000曲配信中!『EGG MUSIC』URL :
https://www.amusement-center.com/project/emusic/
動画でゲーム紹介! YouTube内チャンネル『EGGチャンネル』URL :
https://www.youtube.com/ProjectEGG
最新情報を即ゲット! 公式Twitter『EGGなう!』URL :
https://twitter.com/project_egg
スタッフゲームレビュー掲載中! 『プロジェクトEGG』公式Facebook URL :
https://www.facebook.com/ProjectEGG


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。