『プロジェクトEGG』が特設サイトを更新。本日より『ゼビウス(アーケード版)』を緊急配信開始

『プロジェクトEGG』が特設サイトを更新。本日より『ゼビウス(アーケード版)』を緊急配信開始

D4エンタープライズは、同社が運営するレトロゲーム配信サービス『プロジェクトEGG』において、特設サイトを10月9日に更新。新たに、『ゼビウス(アーケード版)』の緊急配信を開始しました。

(以下、プレスリリースより)

『プロジェクトEGG』が特設サイトを更新。本日より『ゼビウス(アーケード版)』を緊急配信開始

懐かしの80年代~90年代ゲーム配信数950本以上!
『プロジェクトEGG』は皆様をあっと驚かせるような発表を随時行っていく予定です。

●プロジェクトEGG特設サイトURL
https://www.amusement-center.com/project/egg/landing/

本日よりプロジェクトEGGにて『ゼビウス(アーケード版)』緊急配信開始

『戦闘機ソルバルウを駆りゼビウス軍と戦え!』
圧倒的な世界観、やりこみ要素抜群!
今なお楽しめる名作がついにプロジェクトEGGに登場!

『プロジェクトEGG』が特設サイトを更新。本日より『ゼビウス(アーケード版)』を緊急配信開始

本作は1983年にリリースされた縦スクロールのシューティングゲーム。プレイヤーは戦闘機ソルバルウを操作して、超知性体ガンプに率いられたゼビウス軍と戦うことになります。

ソルバルウには対空兵器のザッパーと、対地兵器のブラスターが搭載されており、この二つの武器を駆使して敵と戦います。マップはエリア1~16で構成されており、エリア16まで攻略すると、以後はエリア7~16をループ。要所では機動浮遊要塞アンドア・ジェネシスとの戦いや、大型多弾頭攻撃機ガル・ザカートによる奇襲、攻撃機ゾシーによるバックアタックなどもあり、手に汗握る戦いが楽しめます。

なお、本作では地上物の出現パターンは固定ですが、空中の敵の出現パターンはプレイ内容によって変化する仕組み。地上戦は覚えゲーでありながら、空中戦は臨機応変な対応を求められるため、常に新鮮な気持ちで臨むことができます。ほかにも、特定の場所にブラスターを撃ち込むことで、ボーナスキャラのソルや自機が増えるスペシャルフラッグが出現といった隠し要素などもあります。

当時、固定画面だったシューティングにスクロールする演出を盛り込み、グラフィックスも幻想的でユニークなものを採用、さらにゲーム展開にも程よい不規則性を盛り込んだことで、いつでも新鮮なプレイが楽しめるなど、シューティングゲームに革命を起こした本作。今プレイしてもなお、手応えが感じられる名作です。

『プロジェクトEGG』が特設サイトを更新。本日より『ゼビウス(アーケード版)』を緊急配信開始
『プロジェクトEGG』が特設サイトを更新。本日より『ゼビウス(アーケード版)』を緊急配信開始

YouTubeチャンネル「EGG-ch」にて『ゼビウス(アーケード版)』紹介動画公開中!

ゼビウス(アーケード版)』概要

タイトル   :ゼビウス(アーケード版)
ジャンル   :シューティング
メーカー   :バンダイナムコエンターテインメント
発売日    :10月9日
価格     :800円(税抜)
配信サイトURL:https://www.amusement-center.com/ja/project/egg/cgi/ecatalog-detail.cgi?product_id=1595

新作発表など随時プロジェクトEGG特設サイトにて情報公開致しますのでご期待下さい!

『プロジェクトEGG』とは

PC-9801、FM-7、X1といったようにプラットフォームが乱立していた1980年代。この時期に発売されたPCゲームは、今のゲームに大きな影響を与えました。しかし記録メディアの劣化やプラットフォーム等の変化により、それらは次第に遊べなくなっています。

D4エンタープライズでは、レトロゲームを文化遺産のひとつと考え『プロジェクトEGG』というプロジェクトを発足しました。過去の名作をWindows上に復刻し、いつまでも楽しめるようにすること。それが『プロジェクトEGG』の役割と考えております。

『プロジェクトEGG』URL:http://www.amusement-center.com/project/egg/
動画でゲーム紹介! YouTube内チャンネル『EGGチャンネル』URL:http://www.youtube.com/ProjectEGG
最新情報を即ゲット! 公式Twitter『EGGなう!』URL:https://twitter.com/project_egg


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。